ブラジル1部のサントスに所属する26歳のブラジル代表MFルーカス・リマが、来年中国スーパーリーグのクラブへ移籍する可能性を示唆した。5日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

 リマは今季リーグ戦10試合に出場し1得点を記録。今年6月に行われたコパ・アメリカではリオ五輪に出場するネイマールの背番号10を受け継いで試合に出場した。ハイチ戦ではゴールを決めて7-1の勝利に貢献している。

 サントスとの契約は2017年12月に契約が切れる予定となっており、近々クラブと契約を更新する見通しだ。しかし、リマは「ここは僕の故郷で友人もいる。しかし、中国に行く可能性はある」と語り移籍の可能性を示唆した。

 一方で「僕はそれについて分析するだろう。もし契約を更新するとしたら、解除条項は双方にとって良いものになると信じている」ともコメントしており、クラブと契約を更新する可能性もあるとの見解を示した。