日本代表は5日、翌日のロシアW杯アジア最終予選のイラク戦に向けた練習を行った。

 9月の2連戦で思うような結果が出ず、現在ヴァイッド・ハリルホジッチ監督には懐疑論が渦巻いている。しかし、選手たちはチーム状況をポジティブに捉えているようだ。吉田麻也は指揮官への信頼を口にする。

「1年以上過ごしてきて、日本人に対してどういうアプローチをするのかを理解してくれているし、一方的に自分の要求をぶつけてくるんじゃなくて、僕らの要求にもしっかり耳を傾けてくれているので、よくはなっていると思います」

 ハリルホジッチ監督はメディアの前でも強気の発言を貫く。ミーティング回数の多さや長さなどが話題になることもあるが、吉田は「ザックさんやアギーレさんもそうでしたけど、ヨーロッパの監督は日本のアジアでの戦いの難しさを予選を通してみんな学んでくれるので、アジャストしてくれていると思います」と、それぞれの人柄を知るからこその見解を述べた。

 吉田曰く、ハリルホジッチ監督のようにリスクを冒す指揮官はなかなかいないという。予選の厳しい戦いの中でもメンバーを変えて戦うなど、チームを変えるためのチャレンジを次々に打ち出していく。

 しかし、それでも「負ければそういう声が出てくる」と解任論が噴出することも吉田は理解している。その上で吉田は「チャレンジで何かを変えようとしていることに僕らも応えていかないといけないし、そのためには勝つしかない。いろいろなことを言われているのはもちろん知っていますけど、勝てばそれをシャットダウンできると思うので、勝つしかない」と気を引き締めた。

 もうUAE戦のような失態は繰り返せない。ハリルホジッチ監督の信頼に応え、日本代表は結果を残せるだろうか。ひとつでも落とせばW杯出場が危うくなる。正念場の2連戦だ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)