【日本 2-1 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアワールドカップアジア最終予選でイラク代表と対戦し、ホームで2-1の勝利を収めた。

 先制ゴールを挙げた原口元気は試合後、開口一番「きつかったですけど、とりあえず勝てて本当にホッとしています」と安堵の気持ちを述べた。

 一時は同点に追いつかれ、後半アディショナルタイムまで勝ち越すことができなかった日本。原口は「本当に内容はどうかと思いますけど、勝ち点3を取れたことだけが良かった」と振り返る。

 それ故、2試合連続ゴールでも「今日の試合をしてしまうと、また危機感しかない」と気を引き締める。代表のレギュラー奪取に向けてアピールになったと同時に、一歩間違えばW杯出場が危うくなっていたところだった。

 そして原口は自身のゴールについて「僕の良さが出たと思うし、ああいう形がどんどん出ればオーストラリア戦でもいいゴールにつながるんじゃないか」と語り、すでに次の試合を見据えている。これまでのチームにはなかったカウンターを完結させる、得点を奪う役割に手応えを感じているようだ。

 11日のオーストラリア戦は、アウェイということもあり今予選最大の山場だ。「勝ちます」と宣言した原口の言葉通り、ただ勝利という結果のみが求められる。

【得点者】
25分 1-0 原口(日本)
60分 1-1 アブドゥルアミール(イラク)
90分+5分 2-1 山口蛍(日本)