【日本 2-1 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアワールドカップアジア最終予選でイラク代表と対戦し、ホームで2-1の勝利を収めた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はこの試合でこれまで一貫して起用してきた香川真司をスタメンから外した。そしてトップ下で出場した清武弘嗣が先制点をアシストし、左サイドでは原口元気が2試合連続ゴールでチームを勝利に導いた。

 主力でもコンディションが万全でなければ外す、という決断の結果だが、ハリルホジッチ監督は11日のオーストラリア戦でも「おそらく2、3人の変更はある」と、さらなるメンバー変更を示唆した。

 招集したはいいものの、クラブでの稼働率が低い海外組をはじめとして数人状態の悪い選手がいるようで、「試合前の2日で急に疲労回復するのは難しい」と語る。そしてオーストラリア戦では「よりフィジカルを重視する」と宣言した。

 勝利だけが求められたホームゲームを終え、日本代表はアウェイでW杯出場を争う直接のライバルになるであろうオーストラリアに挑む。ハリルホジッチ監督は「この勝利は勝ち点3だけでなくメンタル的に、勇気を学んだ」と述べ、サッカーにおいて重視すべき点について次のように語った。

「困難なときによりよい結果を出せるかどうかがフットボールにとって大事なこと」

 いまがその「困難なとき」だろう。W杯出場に向けて負けは許されない。それはアウェイであっても同じで、オーストラリア戦は今後を占う大一番になる。コンディションや組み合わせなど、最適解を慎重に探しながら、ハリルホジッチ監督は最高の結果のみを求めていく。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)