【日本 2-1 イラク 2018ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で勝利した。

 終盤の81分、交代を告げられベンチに退いたのは本田圭佑だった。その後、チームに決勝点が生まれ、辛くも勝利。「課題は多かったが、それを笑って反省できるようなシチュエーションに(山口)蛍がしてくれた。前向きに受け止めたい」と試合を振り返った。

 原口元気の先制ゴールに絡むなど攻撃を支えた本田。「身体が重いように見えたが?」という問いには「動けていないという感触は特になかったが、決めるときに決めていればとか、細かいところのニュアンスはいくらか反省がある」と話した。

 だが、「それが普段試合に出ているから、出ていないから、特段気になったことはあまりなかった」と試合勘について問題視しなかった。

 劇的な勝利ではあったが、本田は「そんなに楽観視はしていない」という。そして「一喜一憂せずに今日は今日で、明日から切り替えてオーストラリア戦に向けてチームとして準備したい」と、今回のイラク戦をいい意味で忘れてアウェイに乗り込むつもりだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)