【日本 2-1 イラク 2018ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で勝利した。

 イラクは活きのいい若手が多く、簡単に勝たせてくれる相手ではなかった。それでも、本田圭佑には思うところがあるようで、「今日もまだまだ組み立ての部分、ポジショニングの部分での課題が多い」と話す。さらに「『ここに入れば簡単に崩せるのにな』という場面の意思統一は本当に改善が必要」と危機感を口にした。

 具体的には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の目指すサッカーの「ベースに乗りながらプラスα、選手が自分の得意としているプレーをピッチ上で加えていく」ことが大事だという。そのためにも「楽しくやる、自信を持ってやる」とメンタリティについても言及した。

 カウンターから先制点が生まれるなど、スピード感のある攻撃も見せた日本。これは指揮官が目指す形でもあるだろう。だが、アジア相手にはほぼ必ずボールを保持する展開となるため「本当はもっと相手が焦れるくらいやりたい。でも、それができなくなっているのは、自分たちのせいでもあるので、課題は多い」と口にした。

 勝利した試合でもチームの修正点を感じ取った本田。この日の自身のパフォーマンスは悪くはなかったが、決して良くもなかった。グループ最大のライバルと目されるオーストラリアとの決戦で、日本のエースはどのような働きを見せるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)