【サウジアラビア 2-2 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 2018年ロシアW杯アジア最終予選が現地時間の10月6日に行なわれ、日本代表と同組のサウジアラビア代表とオーストラリア代表が対戦。両者2ゴールを奪い合い引き分けに終わり、日本はグループ2位浮上とはならなかった。

 日本と同じグループBに所属する両代表はここまで2連勝と勝点6を獲得している。注目のグループ上位同士の対戦となったが、キックオフ直後に試合は動く。サウジアラビアがアル・ジャシムのゴールで早々に先制に成功した。

 しかし前半終了間際の45分、オーストラリアが反撃する。江蘇蘇寧に所属するセインズベリーのゴールで同点に追いついた。

 その後もオーストラリアの勢いは止まらない。71分にはユリッチが追加点を奪い1-2と逆転に成功する。しかしながら、サウジアラビアもすかさず一点を返す。79分にアル・シャハラニのゴールで2-2と追いついた。

 そのまま試合は2-2で終了。両代表ともに勝点1を分け合う形となり、日本はオーストラリア、サウジアラビアに次ぐ同率グループ3位につけている。

【得点者】
5分 1-0 アル・ジャシム(サウジアラビア)
45分 1-1 セインズベリー(オーストラリア)
71分 1-2 ユリッチ(オーストラリア)
79分 2-2 アル・シャハラニ(サウジアラビア)