【日本 2-1 イラク 2018ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で勝利した。

 岡崎慎司は「イラクも強かったので、結構タイトな試合展開になった。どっちに転んでもおかしくないような感じだった」と振り返っている。カウンターから原口元気がゴールを奪い1-0とした。そこまでは良かったが、その後は普段のような落ち着いたボール回しができずに苦しんだ。

「例えば自分とかが裏を狙って前で起点を作った時、1度ボールを回しても良かったと思う。守備でもプレスバックして低い位置でセットしてというのもありだと」

 一進一退の中で「失点したところが一番のターニングポイントだった」と岡崎は言う。「このままやれば普通に1-0で勝てるだろうという戦い方できていたと思うが、1-1になってからは攻めなきゃいけないっていうので難しい展開になった」と明かした。

 自身の得点に固執することなく、前線で体を張り続けた。「自分の役割の重要性をすごく感じましたね。だから、シュートは打てないかもしれないけど、第一にやるのはそういうプレーだと。その中でいい流れになったときに点を取る」ことをイメージしていた。

 それは所属クラブでの自身のタスクと似ている。

「ポジションは違うけど、レスターでやっていることと基本的には同じかなと。だから、何となく自分がやるべきことが見えてきたというか、チームの流れを優先的に見ながら動くことできた」

 ストライカーである以上、ゴールにこだわるのは当然のこと。それでも、岡崎はチームのために働き、味方を動かした。得点はなかったが、岡崎のプレーには大きな価値があった。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)