追加点が欲しい段階では山口ではなく攻撃的選手の投入もあり得たが…

 試合終了直前のゴールで劇的勝利を飾った日本代表。決勝点を生んだ山口蛍のシュートは特筆すべきものだが、振り返ると山口を投入する意図はどこにあったのだろうか。同点に追いつかれた状態だったため、守備的MFである山口ではなく攻撃的な選手を投入するのがセオリーではあるが、そこには戦局を十分に読み切ったハリルホジッチ監督による戦術的な理由があった。(取材・文:河治良幸【埼玉】)

——————————

 後半アディショナルタイム5分にフリーキックのセカンドボールから鮮やかなミドルシュートを決めて、日本に劇的な勝利をもたらした山口蛍。「思い切って振りぬこうと思って、それがゴールにつながったので良かった」と振り返るバースデーゴールは日本代表を救った。だが、柏木陽介に代わり、後半22分に投入されたボランチによるゴールは嬉しいハプニングだったとも言える。

 もちろんチームとしては勝利の可能性を高めるために交替カードを切る訳だが、この時間帯にボランチの山口を投入した意図は何だったのだろうか。「もともと1-0で勝っている時間帯に入る予定だったので、それが監督の指示聞いている途中に同点ゴールが入ってしまった」と山口は語る。ただ、失点から実際の交代までは7分あった。

 守備能力の高い山口を入れて逃げ切るプランであれば、1-1になった時点で交代を中止し、別の攻撃的な選手に切り替えるべきだろう。つまり、得点経過だけでない戦術的な理由があったということだ。

 イラクは後半に入ると早い時間に運動量が豊富なボランチのカミルを投入。ロングボールを起点にセカンドボールを拾い、全体を押し上げてきた。それに対して日本もリズムを変えずオープンに攻撃を仕掛けたため、布陣が前後左右に間延びする状態になってしまった。

 そうした中で、ボランチの長谷部誠と柏木陽介は何とか相手の起点を潰そうとするが、なかなかボールを奪えず、イラクに展開された。フリーキックから失点するきっかけになった酒井宏の自陣でのファウルも、中盤のサイドを強引に突破された直後だった。

 象徴的なシーンが失点から間もなくのシーンにある。

危険なシーンが頻発。山口がピンチを未然に防いだ

 右後方からのロングボールをFWアブドゥラヒームが手前に落とすと、ボールを拾ったヤシーンに長谷部が、続いて柏木がアプローチするが、うまくかわされコンビネーションから中央を突破されそうになった。ここは本田が柔軟にポジションを絞って相手の攻撃を寸断したが、非常に危険なシーンになりえた。

 問題はさらにそこからで、本田がカットしたボールを原口元気がヘディングで前方にクリアし、それを岡崎慎司が受けて前に出ようとするが、相手ディフェンスにカットされて、すぐイラクのボールになってしまった。

 そうした流れから日本にもチャンスが生まれる可能性があったのは確かだが、攻め急ぎになっていた。攻守の入れ替わりが激しい上に中盤で劣勢になるというのは非常に危険で、しかも厚みのある攻撃につながらない。ハリルホジッチ監督としては中盤に山口を入れることで、ボールの取り所を作りながら全体をコンパクトに押し上げる効果を期待したのだろう。

 後半26分には右サイドの本田から清武へのパスがずれ、イラクに拾われた。ここで、カウンターの起点になろうとしたDFイスマエルに山口が素早くプレッシャーをかけたことで、無理に蹴ったロングボールがラインを割った。こういうシーンは山口が入るまでなかなか見られなかった。

 そうした高い位置からのプレッシャーで相手の起点を封じ、あわよくばボールを奪う。意図が明確に表れたが、もう1つ大きな効果をもたらしたのがトップ下を担う清武のサポートだ。

悪くなかった柏木だが、デュエルでは厳しい面も

「なるべく前目でポジションを取って、トップ下にキヨ君がいたから、なるべく近い位置でやれたらいいなと思っていました」

 後半29分にはDF森重真人のフィードを前線の左ワイドで受けた酒井高徳から清武にボールがつながったが、清武がうまくコントロールできず、カミルのタックルでボールを失ってしまう。しかし、すぐ後ろでフォローした山口がボールを拾い、右の長谷部に展開したところから、クロスに本田がヘッドで合わせるシーンが生まれた(惜しくもポストに当たりゴールにはならなかったが)。

 同ポジションでスタメン出場した柏木は長短のパスでワイドな攻撃を演出し、守備でも精力的にボールを追った。だが“デュエル”と言われる1対1で相手のプレーを限定はできても潰すことはできず、長谷部とのコンビはセカンドボールで劣勢だった。

 しかも後半には全体が間延びし、よりそうした悪い状態が起こりやすくなっていたのだ。こうした山口の特性はスタメン出場でも発揮できるものだが、後半途中からの出場でより明確な形で表れることとなった。

 そうは言っても、もし後半アディショナルタイムのゴールが無かったら、こうして戦術的な意図と効果を記事にすることも無かっただろう。劇的なゴールで日本の救世主となった山口は守備から攻撃にかけて、存在価値を証明することに成功した。

 もっとも山口は正確なパスを備えるものの、柏木のようなゲームメークのエキスパートではない。中盤のオーガナイザーであるキャプテンの長谷部を軸とすれば、当面は相手や時間帯に応じて柏木をはじめとしたゲームメーカーの選手と使い分けていくことになるだろう。

(取材・文:河治良幸【埼玉】)