日本からすすんで相手の土俵に

 10月6日、ロシアW杯アジア最終予選でイラクをホーム・埼玉スタジアムに迎えた日本代表。先制点を奪いながらも追いつかれ、1-1で迎えた後半アディショナルタイムに山口蛍が劇的な決勝ゴールを奪って辛くも勝点3を手にした。結果的にチームの士気を押し上げうる展開での勝利となったが、内容的には課題の散見されたゲームとなった。(取材・文:西部謙司)

——————————

 ちょっと記憶にないぐらい酷い内容の試合だった。一方で、山口蛍のアディショナルタイムのゴールによる劇的な勝利はチームの士気を一気に押し上げる可能性がある。

「選手たちははじめて叫んでいた。勇気の勝利であり、ときにはこうした勝利が必要だ。強豪国もいつも美しく勝っているわけではない」(ヴァイッド・ハリルホジッチ監督)

 日本の選手はよく戦った。ただ、よくプレーしたわけではない。

 ロングボールから1対1の戦いに持ち込もうとするイラクの土俵に引きずり込まれた。いや、むしろ日本からすすんで相手の土俵に乗ってしまった。どちらもロングパスを蹴り合い、セカンドボールを奪い合う。こうなると選手の適正な距離感は壊れる。そうなって得をするのはイラクである。陣形が間延びした状態なら、どちらにも攻め込むチャンスが出てくるからだ。

 これまでの日本は、ボールをキープして相手を下がらせていた。奪われても素早くプレッシャーをかけ、相手が苦し紛れに蹴り出したボールを回収し、ほとんどハーフウェイラインを越えさせない戦い方ができた。攻めあぐねることはあっても、相手の攻撃に何度もピンチに陥るようなことは少なかった。ところが、イラク戦では相手と同じようにダイレクト・プレーを多用した結果、簡単にボールを失っては自陣まで攻め返された。

 縦に速い攻撃とデュエル。ハリルホジッチ監督が就任以来強調してきたことだ。ただ、それは日本に足りないからそう言っているのだと思っていた。それなしにワールドカップでは戦えないぞと。今でもそうだと信じたいが、イラク戦を見ると、そうではないのかもしれないという疑念さえわく。

 縦に速い攻撃とデュエルは日本の弱点であって長所ではない。にもかかわらず、あろうことかそれを前面に押し出して勝とうとしていた。わざわざ不得手なやり方を選択したのだ。なぜ、こんな罰ゲームのような戦い方をしたのか。イーブンの状況ならともかく、1点リードした後もそれは変わらなかった。

速いけれども雑な攻撃

「(縦に速い攻撃をするのは)チームとして決めていました。ただ、後方からのパスが多くなってしまった」(柏木陽介)

 日本のアタッカーにはスピードがある。あまり長い距離になるとフィジカルコンタクトが避けられないので有利とはいえないが、20〜30メートルのスプリントは速い。相手のディフェンスラインが下がりきる前に仕掛けるのは理にかなっている。これは以前ザッケローニ監督も再三指摘していたとおりである。

 ただし、それほど空いているわけでもないライン裏をDFからのロングパスで狙っても成功率は低い。前線に近い場所にパスを入れてポイントを作れれば相手は背走するので、それならば日本のスプリント能力は生きる。一発で裏を狙うにしても、中盤からならともかく最後尾からではパスの距離が長すぎて精度は落ちてしまう。

 吉田麻也が再三狙い、普段はそうしない柏木までもが一発狙い。ほとんどは相手にカットされた。縦に速い攻撃は、たんなる雑で大味な攻撃になってしまっていた。連係は見られず、個人技からのクロスボールか単純な縦パス。

 清武弘嗣を軸とした見事なカウンターアタックからの先制点を除けば、日本らしいパスワークはあまり見られなかった。イラクの前線からのプレッシャーは厳しかったとはいえ、以前の日本ならそれを外して組み立てられた。今回はそれもなかった。

 ロスタイムには吉田を前線に上げてハイクロス攻撃、これは効果的だった。吉田の粘りで得たFK、そのこぼれ球が決勝ゴールを生んでいる。

 予選は結果がすべてだ。通過してしまえば、この酷い内容の試合も「劇的な勝利」として思い出されるだけだろう。弱点克服に意欲的に取り組んでいるのはわかった。イラク以上に空中戦とデュエルに強い、オーストラリアと戦うための準備にもなった。しかし、次は日本の長所をしっかり出さなければ勝てる相手ではない。

(取材・文:西部謙司)