日本代表は6日、ロシアワールドカップアジア最終予選でイラク代表と対戦。1-1で迎えた後半アディショナルタイムに途中出場の山口蛍が決勝ゴールを決め、2-1の劇的勝利を収めた。

 イラクTV局『alsumaria』は「日本は最後にイラクから勝ち点3を盗んだ」と題し、この試合の判定に疑問を呈した。

 同メディアが指摘するのは先制点のシーンだ。清武弘嗣が右サイドの本田圭佑にパスを預けてその背後をオーバーラップし、再び本田からボールを受けて原口元気にクロス。これを原口がヒールで決めた。

 映像を確認する限り本田から清武にパスを出した場面はオフサイドだったが、同メディアも「疑わしいオフサイドだった」と伝えている。

 また、イラク代表のラディ・スワディ監督はアディショナルタイムのゴールを「最後の失点は審判のせい。負傷した選手がいて、主審にアピールしたのに彼は見ていないと言っていた。主審が日本をサポートしている」と判定を批判していた。

 同メディアも、この場面について「審判は日本に投資した」と日本に有利な判定であったと報じている。