6日に行われたロシアW杯アジア最終予選のイラク戦に2-1の勝利を収めた日本代表は、次に控えるオーストラリア戦に向けて翌7日に練習を行った。DF槙野智章は、セットプレーへの対応の改善が次の大一番に向けた急務であることを強調している。

 イラク戦では前半に原口元気のゴールで先制した日本代表だが、後半にセットプレーからのヘディングで同点に追いつかれた。最後は後半アディショナルタイムに山口蛍の劇的ゴールで勝利を収めたとはいえ、今回も課題の残る試合となった。

 高さのあるオーストラリアとの試合を前にして、セットプレーからの失点が続いていることには不安を覚えざるを得ない。「UAE戦もセットプレーでやられていますし、そこの改善はしないといけないと思っています」と槙野は語る。

「昨日の試合もそうですし、修正しないといけない部分はそういうところだと思います。セットプレーのところ、セカンドボールの意識ですね。特に次の試合、相手にとってはそれが一番狙ってくるところだと思いますので、修正点のひとつとして直さなければならない部分だと思っています」

 酒井宏樹が累積警告による出場停止でチームを離れ、サイドバックの人数が少なくなる中で、槙野にも出場の可能性が出てくるかもしれない。「与えられたポジションはやらないといけないと思っています。キリンチャレンジのボスニア戦の時にサイドバックをやりましたけど、自分の良さでもある強さだったり高さだったりの部分が次の試合で求められる部分があれば、しっかりと活かさないといけないですし。誰が出ても一番難しい試合だと思っていますので、ポイントを取って帰ることが一番重要だと思います」

 土壇場でのゴールが必要になる苦しい内容だったとはいえ、イラク戦に勝利を収めたことでチーム内の雰囲気は良いようだ。「やっぱり、勝つのと引き分けで終わるのとでは全然違う」と語った槙野は、「次のオーストラリア戦で勝つか負けるかでも全然変わってくると思いますし、何よりも昨日の結果がすごくプラスになる。昨日の勝ちを活かすためにも、次の試合がもっと大事になってくると思います」とオーストラリア戦で結果を出すことの重要性を強調した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)