韓国も異様な緊張感。指揮官が謝罪する場面も

 日本と同日、韓国はカタールをホームに迎えていた。勝ち点4ながらシュティーリケ監督が謝罪に追い込まれるなど、韓国は異様な緊張感のなかにあった。カタール戦も逆転される最悪の展開。窮地を救ったのは……。(取材・文:キム・ドンヒョン【水原】)

——————————

 10月6日、日本がイラクとの一戦に臨むころ、筆者は水原ワールドカップ競技場にいた。10月とはいえ異常なほどの暑かった日中を過ぎると、少し体が冷えるほどの空気が漂っていた。その寒さの影響なのか、観客席はところどころに空席も多く見られる。

 しかしながら先発のラインアップが紹介され始めると水原ワールドカップ競技場の熱気が徐々に沸き上がり、ク・ジャチョル(アウグスブルク)、キ・ソンヨン(スウォンジー)の名前に継ぎ、プレミアリーグで5試合5ゴール大爆発ソン・フンミン(トットナム)が呼ばれると大歓声がスタジアムを包む。

 キ・ソンヨンが試合前日会見で「イングランド3部でもこんな芝を見たことがない」と猛批判したくらいピッチ状態は劣悪だったが、芝の状態にとやかく言っている場合ではない。韓国にとってこの試合は絶対落とせないからだ。

 9月の2連戦で中国に勝つもアウェイのシリアにスコアレスドローに終わる。比較的“弱体”と見られた国に2連勝を飾れず、勝ち点は4にとどまった。今回のメンバー招集会見ではウリ・シュティーリケ監督が「人選にミスがあった」と謝罪する場面もあったほど、異常な危機感があったのは事実だ。

 この日の相手はグループ最下位に沈むカタール。先制されたら、そのままピッチに倒れてしまう可能性も高い。だからこそ先制点がどの試合より重要になってくる。シュティーリケ監督も「相手にピッチを“ベッド”として使わせるわけにはいかない。先制点がまず大事。そして勝たなければならない」とる強い意気込みを語った。

 その熱い気持ちが反映されたかのような超攻撃的な先発メンバー。192cm、韓国のズラタン・イブラヒモヴィッチごとソク・ヒョンジュン(トラブゾンスポール)が1トップ、左にソン・フンミン、右にはチ・ドンウォン(アウグスブルク)、トップ下にク・ジャチョルとキ・ソンヨンが並ぶダブルトップ下。実質5トップに近い布陣である。

 運動量が豊富で積極的な守備も持つク・ジャチョルがやや下がり、キ・ソンヨンを攻撃の起点として試合を作っていく。そしてイングランドでベストコンディションを維持するソン・フンミンを最大限に活用しようとするシュティーリケ監督の腹案ではないか。

突如集中力を失う韓国。逆転される最悪の展開

 守備は比較的堅実なメンバーが揃う。ボランチに元神戸のチョン・ウヨン(重慶力帆)。彼の運動量や守備力は折り紙付き。4バックには左からホン・チョル(水原)、キム・ギヒ(上海申花)、ホン・ジョンホ(江蘇蘇寧)、チャン・ヒョンス(広州富力)が立った。チョン・ソンリョンが怪我で抜けたゴールマウスはキム・スンギュ(神戸)が守る。

 予想通り、韓国は前線から強いプレッシャーを仕掛け、相手を封じ込める。それが実ったのが前半11分。左からパスワークで崩していったホン・チョルがソン・フンミンにパスを出すと、ソン・フンミンがペナルティボッスの外にいたキ・ソンヨンに軽く出す。これをキ・ソンヨンが正確なキックで決め、先制に成功した。

 しかしその直後、帰化選手セバスティアン・ソリアを中心としたカタールの攻撃陣が躍動、さらに韓国のディフェンスがいきなり集中力を失う。9月の中国戦で先制した直後と同じ“カオス”状態に陥る。すると14分、ソリアの突破を止めていたホン・ジョンホがPKを許してしまう。これがゴールに突き刺さり、同点に戻された。

 いきなり嫌なムードが流れ始めた。攻撃陣が絶えなくポジションをスイッチしながら仕掛けるも、カタールの守備も手強い。逆に韓国の守備は集中力が欠けたまま、相手の素早いアタッカーに裏のスペースを与える場面が急に増えた。

 そして前半終了間際、危機が訪れる。相手FW3人が仕掛けるカウンターを韓国DF陣が全く対応せず。守備に弾かれたボールをソリアが軽く決め、逆転した。そして直後にホイッスルがなった。韓国には最悪に近い地獄のような展開だった。

 先に動いたのは韓国。前半、ほぼ見せ場がなかったソク・ヒョンジュンに代わり、Kリーグで好調を貫いているキム・シヌクを投入。シュティーリケ監督は、足元の柔らかさを持ち味とするソク・ヒョンジュンよりキム・シヌクの空中戦がより力を発揮すると判断したのだろう。

 実際、クロスでの攻撃が増加。明らかにキム・シヌクの頭を狙った攻撃が続く。すると、後半10分、いきなり試合が大きく動く。左からの高いクロスをキム・シヌクが見事に頭で合わせ、後ろで駆け込んでいたチ・ドンウォンに落とすと、大きく振り同点に成功。ビックバード(水原ワールドカップ競技場の愛称)が沸き上がる。

10人になるも逃げ切り。指揮官も内容に満足

 歎声が再び沸き上がったのは、その2分後のことだった。再びキム・シヌクの頭から落とされたボールがキ・ソンヨンの足に止まる。その左側でソン・フンミンがDFラインの裏を俊敏にとると、キ・ソンヨンがそこにボールを入れる。一瞬だった。ソン・フンミンは自分のスピードをそのまま活かし、得意とする右足でキーパーの逆に突き刺さした。鳥肌が立つほど美しいゴールが生まれたのだ。

 一気に波に乗った韓国はその後もキム・シヌクとソン・フンミンのコンビを活かしてチャンスを作っていく。が、後半21分、アクシデントが起こった。前半、イエローカードを一枚もらっていたホン・ジョンホが再びカードをもらい、退場も。シュティーリケ監督はク・ジャチョルを下げてカク・テヒを投入し、守備ラインを保持した。

 結局試合は最後まで1点差を守り切った韓国が制す。苦戦はしたものの、ホームで貴重な勝ち点3点を得て、イランへと向かうことになった。

 記者会見に出席したシュティーリケ監督は「試合の内容に満足する」と選手たち称えた。

「20分を残して正直苦戦した。数的不利な状況でもあったが、勝ち越したのは称えたい。前半が終わってロッカールームで選手たちに『勝てるから自信を持て』と言ったが、就任後初めての逆転勝利だ。イラン遠征直前のタイミングで選手たちが自信を持てることはポジティブ。

 最初の15分はファンタスティックだった。キ・ソンヨンのゴールだけじゃなく、すべてのプレーが望む通りに流れた。同点ゴールを許したあと、10分間混乱な状況もあったが、直後にペースを戻したし、逆転に成功した。難しい試合だったのは確かだが、方向の転換など、全体的にサイドの活用もうまくできたことに満足する」

「サッカーができるのが本当に幸せ」

 初めての逆転勝利に選手たちも口をそろって「チーム全体にいいムードが流れている」と語る。途中出場ながら空中戦でカタールを爆撃したキム・シヌクは「交代でも、先発でも構わない。自分のプレーができればいい。今のチームにはソン・フンミン、キ・ソンヨンなどいい選手ぞろいだ。雰囲気もいいので、今までの違うイラン遠征にしたい」とコメント。

 この日、軽い怪我で試合には出られなかったセレッソ大阪のキム・ジンヒョンも「チームの雰囲気は大変いい。自分が試合に出られなくても、勝てればいい」と語る。

 ミックスゾーンに姿を現れたソン・フンミンは、チーム全体のメンタルに関して熱い気持ちを発した。「難しい試合で決勝ゴールをあげることができたのは光栄だ。苦しいとか、しんどいとはまったく思っていない。サッカーができるのが本当に幸せに思っている」とした上で、「チーム全体としての心構えも確固だ。いい結果を持ってきたい」と最後までエースとしての品格を貫いた。

 韓国代表は7日の午後、アウェイのイランへと向かった。韓国は伝統的にイランとの相性が悪い。歴代9勝2分12敗と超劣勢。そして試合が行われる“イランサッカーの聖地”アザディスタジアムでの成績は2分4敗と一回も勝てていない。逆転勝利のムードをイラン遠征でも貫くことができるのか。そしてソン・フンミンは再びエースとして活躍できるのか、注目したいところだ。

(取材・文:キム・ドンヒョン【水原】)