大一番を前に酒井宏樹長友佑都が離脱。サイドバックの人材難に

オーストラリア戦を控える日本代表にサイドバック問題が噴出した。酒井宏樹が累積警告、長友佑都が負傷でチームを離脱。このポジションの専門家は酒井高徳太田宏介の2人になってしまった。槙野智章も可能ではあるが果たして……。(取材・文:元川悦子)

—————————— 

 2005年2月の2006年ドイツW杯アジア最終予選初戦・北朝鮮戦の大黒将志(山形)の決勝弾、2011年9月の2014年ブラジルW杯アジア3次予選初戦・北朝鮮戦の吉田麻也(サウサンプトン)の勝ち越しゴールと、埼玉スタジアムメイン側から見て左手のゴールは過去に数々のミラクルを起こしてきた。

 6日の2018年ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦(埼玉)で生まれた山口蛍(C大阪)の劇的決勝点もまさにそう。ホームで二度続けて白星を逃せば、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の進退問題が浮上するのは必至の情勢だったが、日本はギリギリのところで踏みとどまったのだ。

 しかし、グループBはオーストラリアとサウジアラビアが勝ち点7、UAEが勝ち点6で、UAEとの直接対決で敗れた日本は同6ながら暫定4位。依然として厳しい立場にある。だからこそ、11日の次戦・オーストラリア戦(メルボルン)が重要になってくる。序盤の出遅れを取り戻すためにも、もはや負けは許されない状況にあると言える。

 日本の命運を大きく左右する大一番を前に、彼らは「サイドバック難」に見舞われている。ここまでの序盤3試合で2枚の警告をもらい、次戦出場停止になった酒井宏樹(マルセイユ)がまずはチームを離脱。

 オーストラリア移動前の7日には、長友佑都(インテル)が実戦形式の練習中に槙野智章(浦和)と激突して頭を強打。トレーニングを取りやめた。練習後には淡々と歩いてバスに乗り込む姿が見られ、とりあえず指揮官らを安堵させたものの、結局、現地へは行かずに代表を離れることが日本サッカー協会から発表された。

 アルベルト・ザッケローニ体制では、内田篤人(シャルケ)と長友が絶対的主力に君臨し、こうした問題は滅多に起こらなかった。が、内田はひざ負傷で約2年間公式戦から遠ざかり、長友もブラジル大会以降は心身両面のトラブルが頻発している。

 酒井宏樹・高徳(HSV)が所属クラブで定位置を確保しているのは明るい材料ではあるが、以前に比べるとかなり選手層が薄くなった印象は否めない。こうした背景を踏まえ、オーストラリア戦のサイドバックをどうするかは目下、チームにとって極めて重要な課題になっている。

右は酒井高徳が確実。左の有力候補は太田宏介

最終予選のここまでの流れを踏襲するなら、3戦フル出場の酒井高徳(HSV)が右サイドに回り、左は太田宏介(フィテッセ)が出るのが順当だろう。酒井高徳は「監督がどういう形でスタメンを組むかまだ分からないけど、自分が(右に)入る可能性が高いというのは理解しています。チームで右をやっているので、特に問題はない」と少なからず自信をのぞかせた。

 一方、左サイドバック有力候補である太田も「とにかくチームとしてもディフェンスとしてもまずゼロで抑えることが最低条件。それをしっかりやりながら、オーバーラップのタイミングをしっかり見計らって決定機を作れればそれが一番いい。僕はそこが長所。

 自分はベンチで試合を見るためにここ(代表)に来ているわけではないのでいい準備をして、日本の勝利に貢献できるようにできればなと思います」と7日の練習後、彼は昨夏の東アジアカップ(中国・武漢)以来、1年2ヶ月ぶりの代表戦出場へ強い意欲を口にした。

 太田が出れば、フィテッセ移籍後初となる。オランダは長身選手が多く、空中戦の競り合いやハイボール対策などはFC東京時代よりも確実に向上しているだけに、ここは彼の経験値に期待が懸かる。

 「オランダの場合は1トップに背が高い選手を置くことが多い。そういう選手はヘディングオンリーなケースが多いけど、スペシャルな力を持っているからポイントで合わせる力はある。

 オーストラリア(1トップ)のジュリッチに関しては、足元もあるイメージがあるし、ドリブルからの得点も見たことがある。もっと柔軟なんだろうなと思う」と本人も具体的なイメージを描きながら準備を進めている。こうした対策が活かされればベストだろう。

 もう1人の候補は槙野智章だ。

もう1人の候補は高さと強さが武器の槙野智章

槙野は、太田より4cm高さで上回り、ヘディングの競り合いを得意とする守備職人。現に、彼は6月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦(吹田)の後半途中から長友と交代し、左サイドに入った実績がある。
 
 「ボスニア戦の時にサイドバックやりましたけど、自分のよさでもある強さ、高さという部分が次の試合で求められるのなら、しっかりと活かさないといけない。チームとして失点しないことをテーマとして掲げていましたけど、セットプレーのところは課題。UAE戦も昨日の試合もそうですし、そこは修正しないといけない。

 セットプレー、セカンドボールの意識のところは次の相手(オーストラリア)が試合一番狙ってくるところ。そこは直さないといけない。誰が出てもこの試合一番難しい試合。ポイントを取って帰ることが重要だと思っています」と槙野はセンターバックを本職とする選手らしく、ピッチに立つ場合には守りを最優先に考えていくという。

 オーストラリア最大の得点源であるセットプレーや空中戦を消すことを第一に考えるなら、槙野は最適な選択肢だ。が、あえて攻めに出ることを重視するなら太田だろう。オーストラリア戦はサイドバックに誰を選ぶかが極めて重要である。この選択によって日本の命運が大きく変わってくるのは確かだ。

 アウェイの地に入ってからの現地適応を含め、ベストチョイスをすること。それがハリルホジッチ監督自身、そして日本代表が危機から逃れる最善の方法に他ならない。以前であれば最も充実したポジションであったはずのサイドバックに突如噴出した人材難問題。果たして救世主になるのは、太田か槙野か――。

(取材・文:元川悦子)