スペイン代表のGKダビド・デ・ヘアは、GKのミスについて「イタリアやイングランドではもっとリスペクトされるだろう」と述べている。8日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 ワールドカップ予選のアルバニア戦の前日会見に出席したデ・ヘア。先のイタリアvsスペインン戦で、GKブッフォンが失点につながるミスを犯したことについて「我々GKはミスと背中合わせだ。イタリアやイングランドでは、ミスを犯してももっとリスペクトされていると思う」と述べている。

 これについては、同試合で相手にPKを献上したDFセルヒオ・ラモスも、ミスに批判的なスペインメディアに警鐘を鳴らしていた経緯もあった。

 また、フレン・ロペテギ監督体制になり、代表復帰を果たした”悪童”ジエゴ・コスタについて、代表でもその奔放ぶりが話題とされているが「彼の代表での振る舞いは、イングランドでのそれと同じものだ。彼はきっと我々の大きな力となってくれると思う」と寛大な姿勢を示している。