日本代表は9日、メルボルン市内で11日のロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦に向けた練習を行った。

 先週のイラク戦前後に主力クラスの選手たち数人が相次いで離脱した。特にサイドバックが2人チームを離れ、酒井高にかかる期待と責任は大きい。だが「アクシデントがなくても責任は感じていますよ」と平常心を貫いている。

「もちろん試合に出る時点で日の丸を背負っている責任は感じているし、誰かが怪我していなくなったから自分が頑張らなきゃじゃなくて、出る時、あるいは出ている時に自分は責任を持ってやっている」

 そでれもやむを得ずチームを離れなくてはならなくなった選手たちに思いを背負っているのは確かだ。「出たくても出られない、来たくても来られない選手たちのために戦うのが僕らにできることだと思うので、仲間の分もしっかり戦って、いい結果を持ち帰りたい」と原口は述べた。

「自分のやることは常に変わらず結果を残して、日本代表での自分の結果を求めてやっていきたい」

 日本代表はポジションを獲得するための戦いではなく、チームとして母国のためにひとつの勝利を獲得するための戦いと位置付けている酒井高。オーストラリア戦でも自らに与えられた責任を全うし、ひたすらに勝ち点3奪取を追求する。

(取材:元川悦子【メルボルン】、文・構成:編集部)