【マケドニア 2-3 イタリア 2018年ロシアW杯欧州予選】

 現地時間9日に2018年ロシアW杯欧州予選が行われ、イタリア代表はアウェイでマケドニア代表と対戦。前半に先制したあと、後半には立て続けの失点で逆転を許したが、再逆転で3-2の勝利を収めている。

 ここまで1勝1分けのイタリアはマケドニアにクロスバーを叩かれるなど苦しい立ち上がりとなったが、24分に先制点を奪うことに成功。トリノ所属の期待の若手FWべロッティが左からのCKに合わせ、右足で代表初ゴールを記録した。

 そのまま1点リードで前半を終えたが、後半にはマケドニアが反撃に転じる。57分にはイタリアのミスパスでボールを奪うと、今季からイタリアのパレルモでプレーするFWネストロフスキが一人で持ち込み、DFに囲まれながらも右隅へのシュートでブッフォンを破って同点。

 さらにその2分後、自陣内でボールを奪ったマケドニアがまたしてもカウンターを繰り出し、最後はネストロフスキの落としたボールをハサニがエリア手前からシュート。これがゴールに突き刺さり、マケドニアがあっという間に試合をひっくり返してしまう。

 だがイタリアも諦めない。75分にはエリア内右サイドに抜け出したカンドレーバが低いクロスを入れ、インモービレがニアで合わせて2-2の同点。さらに攻撃の手を緩めず攻め続けると、アディショナルタイムの92分には歓喜の瞬間が訪れる。再びカンドレーバが、今度はファーポストへ高いクロスを上げ、インモービレがヘディングで再逆転のゴールを叩き込んだ。

 苦しみながらも劇的に白星を手に入れたイタリアは、これで3試合を終えて2勝1分け。スペインと同居する厳しいグループで、W杯出場に向けて勝ち点を重ねている。

【得点者】
24分 0-1 べロッティ(イタリア)
57分 1-1 ネストロフスキ(マケドニア)
59分 2-1 ハサニ(マケドニア)
75分 2-2 インモービレ(イタリア)
92分 2-3 インモービレ(イタリア)