離脱者相次ぐハリルJ。豪州戦は真価問われる一戦に

 現地時間12日に豪州戦を控える日本代表。攻守でキーマンとなり得る存在が、原口元気と山口蛍だ。イラク戦でも活躍した2人の出来が試合を左右すると言っても過言ではない。そして、この試合での活躍次第では“ロンドン組”が主力となる世代交代の好機でもあるのだ。(取材・文:元川悦子【メルボルン】)

——————————

 2018年ロシアW杯アジア最終予選序盤3戦を終え、2勝1敗の勝ち点6で暫定4位に甘んじている日本代表。11日の第4戦・オーストラリア戦(メルボルン)は絶対に落とせない大一番。

 6日のイラク戦で後半ロスタイム決勝弾を叩き出した山口蛍(C大阪)も「今後を大きく左右する試合になるのは間違いないし、勝ちと引き分けでも違う。もちろん負けは絶対に許されない」と神妙な面持ちで語っていた。

 危機感はヴァイッド・ハリルホジッチ監督からも感じられた。メルボルン入り2日目の9日夕方のトレーニング冒頭には、凄まじい強風を考慮して屋内で17分近い長時間ミーティングを実施。

 ここ最近、選手たちの意見を尊重し、ミーティングを2〜3分で終えていたが、さすがに大一番前は言いたいことが山積していたのだろう。対戦相手のオーストラリア代表は同じレイクサイドスタジアムで日本の2時間前に練習したが、リラックスムードの漂う中で軽い調整をしただけで、ラストには時間をかけてファンサービスを行う余裕を見せていた。

 そんな相手とはまさに対照的なピリピリムードの中、日本代表は冒頭15分以外、報道陣をシャットアウトして戦術確認を徹底した模様だ。

 出場停止の酒井宏樹マルセイユ)に加え、長友佑都インテル)が脳震盪でオーストラリア入りを断念。左足首捻挫の岡崎慎司(レスター)は3日連続で練習場に姿を現さず、次戦欠場が確実になった。

 長期負傷中の内田篤人(シャルケ)、不振にあえぐ香川真司(ドルトムント)らを含め、2014年ブラジルW杯の日本代表を支えた主力が続々と離脱する今、踏ん張らなければならないのが、ロンドン五輪世代以下の若い選手たちである。

 とりわけ、イラク戦でゴールという結果を出した原口元気(ヘルタ)と山口はオーストラリア戦で一段と注目すべき存在だ。この一戦は彼らが真の代表主軸になるための試金石と言っても過言ではない。

原口は豪州の要警戒選手と対戦済み「速いし強い」

 9月のタイ戦(バンコク)と前回のイラク戦で2戦連発中の原口には、次戦もゴールへの大きな期待が寄せられる。

「(オーストラリアは)ヨーロッパのチームに近いので、普段やっている感じに近い。何の違和感もなくやれると思うけど、最終予選ということで、向こうの激しさがより一層強くなったり、際どい勝負になるという想像はつきます。

 自分の強さや激しさは(最終予選の)前の2試合でも出ていたと思うけど、今回はよりフィジカル的に強い相手。逃げたら弾かれるし、自分から当たってボールを取りにいくことで相手にプレッシャーがかかる。そこで相手を見てしまったり、一瞬迷ったりすると弾かれる。そこは向こうで慣れているからイメージはしやすいですね」と彼はヘルタ・ベルリンでのパフォーマンスをベースにしつつ、できるだけゴールに近い位置まで深く入り込んで貪欲に泥臭く得点を狙っていくつもりだ。

 そのためにも、左サイドではまず相手を凌駕しなければならない。さしあたって、オーストラリアの右サイドアタッカーのマシュー・レッキー(インゴルシュタット)とのマッチアップを制することが肝要だ。9月10日のインゴルシュタット戦ですでに前哨戦を行っている原口は、敵の特徴は完璧に理解しているという。

「何回かマッチアップしましたけど、前に速いし、強いので。ちょっと危ないなと思うのは、結構一か八かのドリブルをしてくる選手なので、そこはセンターバックとかサイドバックに伝えたいですね。

(ロビー・)クルーズ(レバークーゼン)を含めて2人がいい選手なのは知っていますし、日本人が嫌がるようなドリブルの仕方をするんで、警戒しないといけないと思います」と彼は言う。その事前情報を最大限生かしながら、日本勝利へと導くゴールを奪うこと。それが今の原口元気に課せられるノルマだ。

既に切り替えている山口。デュエルのキーマンに

 山口蛍は、今回は長谷部誠(フランクフルト)とともにボランチで頭からピッチに立つ見通しだ。3日前の歴史的ゴールのことは完全に頭から消し去ったうえで、今の彼は大一番に神経をとがらせている。

「(ゴールの)反響はそれなりにですけど、あの時だけなんで。余韻にずっと浸っていても仕方ないんで、切り替えていますけど。次の試合で監督が誰をチョイスするか分かんない状況だし、自分が出れば全力を出すだけ。相手がどこでも自分の持ち味は活きると思う。どんな試合も変わらないスタンスで挑み続けたいです」と普段通りの淡々とした口ぶりで、山口は大一番への意欲をにじませた。

 2013年8月の東アジアカップ(韓国)から日本代表入りしている彼にとって、オーストラリアとの対峙は初となるが、この男の武器である対人プレーの強さ、ボール奪取力は日本が中盤を制するうえで必要不可欠だ。

 本人は「速く行くチャンスがあればいいと思いますけど、そうじゃない場合には自分たちでしっかりつないでもいい。そこで急いでボール失ってしまうと相手ボールになって守備から始まるって悪循環になるから。全員の意思統一の下、使い分けて行けたらいいのかなと思います」と本田圭佑(ミラン)や清武弘嗣(セビージャ)らの意見に賛同し、臨機応変な戦い方を心がけていくという。

 とはいえ、彼がデュエルの部分で相手に勝ち、しっかりとボールを奪わなければ、柔軟性のある攻めや戦い方は見せられない。山口蛍のボール奪取力が日本の攻めの出発点になると言ってもいいくらい、彼には重責が課せられるのだ。

 このように、原口はゴール、山口は攻めの起点となるボール奪取という明確な役割を次戦では担うことになる。その重要なタスクを完璧にこなし、日本を勝利へと導いた時、2人は揃って代表での絶対的中心選手の仲間入りを果たすことができる。この千載一遇の好機を逃す手はない。

(取材・文:元川悦子【メルボルン】)