日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は10日、ロシアワールドカップ(W杯)最終予選のオーストラリア戦に向けた前日会見に臨んだ。

 ハリルホジッチ監督は「今のところアジアで最も強いチームと戦います。オーストラリアは本当に良いチーム。パワー、オーガナイズと規律がある」と強豪との対戦に気を引き締めると、「弱点はある。良い戦いをするために準備をしたい」と相手の弱点を研究したことを告げた。

 日本にとっては敵地での一戦となるが、これについてハリルホジッチ監督は、「海外でやっている選手が多く、フィジカル的には強い。そしてホームだ。ホームはいつも異常にプレッシャーをかけてくる傾向にある」と厳しい試合になると警戒している。

 それでもハリルホジッチ監督は、「選手に伝えている。びっくりするなと」と心理面での戦いになると念を押したようだ。「ディテールや集中、そしてラッキーなことも必要で、それが試合を決めることもある」と続けた。

 先日長友佑都酒井宏樹がチームを離脱したことにより、現在本職のサイドバックは酒井高徳太田宏介の2人しかいない。

 これについてハリルホジッチ監督は、「もちろんハンディキャップはあるが、この状況が困難だとは言わない。勇気と勇敢さでこの試合を乗り切りたい。足りないとは誰も言っていない。いつも我々は2試合目はいい状態にある」と問題がないことを明かしている。

 ロシアW杯アジア最終予選序盤3戦を終え、2勝1敗の勝ち点6で暫定4位に甘んじている日本代表。厳しい試合になることが予想されるが、心理面で相手を上回りたいところだ。

(取材:植田路生【メルボルン】、文・構成:編集部)