スペイン代表のDFジェラール・ピケのロシアワールドカップ(W杯)後の引退宣言を受け、FWノリートは「我々はどんな状況でも彼をサポートする」と述べた。9日、スペイン紙『マルカ』などが報じている。

 アウェイのアルバニア戦で貴重なゴールを決め、スペインの予選グループ首位浮上に貢献したノリート。試合後の会見では「イージーに見えたかもしれないが難しいゲームだった。アルバニアはいいチームであり、ホームのファンの前でプレーする強みもあった」と述べる。

 そして、ロシアW杯後の引退宣言を行ったピケの発言について「何も知らなかった。(代表のユニフォームをカットした行為について)それについても今知ったものだ。だが、ある種おかしなものだ。もっと他の事に目を向けるべきだ。我々は強敵相手にプレーしているのだ、大事なことは他にある」とピケを巡る一連の報道にクギを刺す。

 そして29歳のストライカーは「ピケは世界でもベストなセンターバックの1人だ。我々は彼という選手がいることをありがたいと思っているし、どんな状況でも彼をサポートするだろう」とピケについてのコメントを続けた。