J1リーグのガンバ大阪が、ブラジル1部のサンパウロFCから期限付き移籍している22歳のFWアデミウソンの買取に動いているようだ。10日にブラジルメディア『Globoesporte』が報じている。

 同メディアによると、G大阪が315万ドル(約3億3000万円)を支払いアデミウソンの保有権60%を獲得するとのこと。残りの40%をサンパウロが保有する形となる。

 アデミウソンは昨季サンパウロから横浜F・マリノスに期限付き移籍で加入。リーグ戦33試合出場で8得点を記録していた。今季からG大阪に場所を移し戦っている。これまでにリーグ戦26試合に出場し7得点決めていた。