原口、3戦連続ゴールも…

 日本代表は11日、2018年ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦した。

——————————

【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 10月11日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はオーストラリア代表と対戦。原口元気が先制点を決めるも、PKから同点に追いつかれ日本はオーストラリアと1-1の引き分けに終わっている。

 初戦のUAE戦は1-2の逆転負けを喫し、続くタイ戦は2-0の勝利をおさめた日本。6日に行われたイラク戦では後半アディショナルタイムに山口蛍が値千金の勝ち越しゴールを決めて2-1の劇的勝利をおさめた。

 今回の相手はグループ首位に立つオーストラリア代表。宿敵であり難敵、大一番とも言える試合でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は本田圭佑のワントップ起用を選択した。そして、イラク戦でベンチ入りするも出場がなかった香川真司を先発起用している。反対に清武弘嗣はベンチスタートとなった。

 試合開始して5分、日本は中盤でボールを奪うと本田圭佑が前線に向けてスルーパスを送る。左サイドを駆け上がってきた原口がDF裏に抜け出して先制点を決めた。これにより原口はタイ戦、イラク戦に続いて3戦連続ゴールを決めたことになる。

 続く28分には早いサイドチェンジから原口が仕掛けてシュートを放つ。直後の29分には本田がゴールを狙うもGKマシュー・ライアンに止められた。流れの中では相手にチャンスを与えない日本。

 しかし、オーストラリアもセットプレーからチャンスをうかがう。32分には相手のセットプレーから放たれたシュートがゴール枠内を捉えた。これはGK西川周作が冷静にゴール枠外に弾き出す。

ピンチを脱した日本だったが53分、ペナルティエリア内に侵入したユリッチを倒してしまいオーストラリアにPKのチャンスが与えられる。このPKをマイル・ジェディナクに決められ同点に追いつかれてしまう。結局、日本はオーストラリアと1-1の引き分けに終わり3連勝を逃している。

【得点者】
5分 0-1 原口(日本)
53分 1-1 ジェディナク(オーストラリア)