豪州代表、対戦成績では劣るも日本への「恐れ」はなし

 日本代表は11日、ロシアワールドカップアジア最終予選でオーストラリア代表と対戦する。ドイツワールドカップ以降、日本はオーストラリアに対して対戦成績で上回っているが、アンジ・ポスタゴグルー監督のもと生まれ変わった“サッカルーズ”(オーストラリア代表の愛称)に日本への恐れはない。オーストラリアは試合に向けてリラックスムードで調整を続けており、コンディションも万全で不安要素も見当たらない。そして、10年前の“カイザースラウテルンの惨劇”を知るティム・ケーヒルは、途中出場から当時の再現を狙ってくることになりそうだ。(取材・文:植松久隆【メルボルン】)

—————————

 豪州は、本気で日豪戦に勝とうと臨んでくる。“アンジ革命”により生まれ変わった豪州には、もはや日本に対しての「リスペクト」はあれど「恐れ」はない。

 試合前日会見で、アンジ・ポスタコグルー監督と主将のミレ・ジェディナク(アストン・ヴィラ)の2人が口を揃えて「お互いがお互いをリスペクトする関係」と語った日豪両国の力関係に、大きな変化の兆しが見えている。日本は、今や、豪州にとっては「ライバル」ではあっても「恐れる相手」ではなくなったことは明白だ。

 豪州には、アジア王者としてのプライドと自信がある。そして、10年前の日本にとってのトラウマ、“カイザースラウテルンの惨劇(豪州的には歓喜と呼ぶべき)”は、現場に立ち会ったティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)、マーク・ミリガン(バニヤス)を除けば、もはや、昔語りに過ぎない。

 さらに言えば、直近の日豪戦(14年の長居での親善試合)は、現代表選手のうちの8名しかピッチで経験していない。ようは、今の豪州は日本が今まで知るサッカルーズとは完全に別物で、日本への畏敬の念は一頃よりは確実に薄れている。

 しかも、その自信を過去のデータも後押しする。06年のW杯での対戦以降、日豪がアジアの覇権を争ってきた10年間の日豪戦の対戦成績をおさらいしておこう。

 対戦成績では、全部で8回対戦して日本が3勝1敗4分け(筆者注:07年アジアカップ準々決勝の日本PK勝ちは、ドローでカウント)と日本優勢。しかし、これをW杯最終予選に限定すると、4試合で豪州の1勝3分けと様相は一変する。アジアカップでは2度戦い2度の苦杯を舐めさせられた豪州だが、W杯最終予選では日本に負けがない。こういうデータも、ここ最近の情勢と相まって豪州の自信を下支えしている。

チームはリラックスムードで調整。その理由は?

 そんな自信に満ちたサッカルーズの前々日練習は、余裕の表れか、メディアだけではなくファンにも完全公開される異例の対応。ピッチ上の選手たちも、非常にリラックスした雰囲気で笑顔も多く見られた。

 練習を終えた選手達はファンをバックにチームフォトを撮影した後、かなりの長時間サインや写真撮影のファンサービスを行った。アンジ・ポスタコグルー監督もファンの中に旧知の人物を見つけて長く談笑するなど、ピリピリしたムードは皆無。

 その日の朝、FWロビー・クルーズ(レバークーゼン)とFWトミ・ユリッチ(ルツェルン)の2人がメディア対応を既に行っていたのでミックスゾーンは無かったが、そこまでは望めまい。ファンとの交歓の間にもポスタコグルー監督に個人的に挨拶したり、広報も聞けばわかる範囲の情報は教えてくれるなど、総じてオープンな対応だった。

 少し余談めいてしまうが、サッカルーズが試合前々日というタイミングで異例ともいえるここまでのファンサービスを行う理由を少々。そこには、代表の動員の苦戦という背には腹を変えられない理由がある。

 久々のホームでのしかも日本との大一番を前にして、52,000人収容のスタジアムが多く見積もって8割少々しか埋まらない見込みだ。だからこそ、ファンに直接働きかけることで、少しでも多くの人にスタジアムに駆けつけてもらい席を埋めたいというマーケティング意図がはっきりと見て取れた。

コンディションは万全。ケガ人続出の日本とは好対照に

 ここまで最終予選の3戦で、勝ち点7を積み上げグループBの首位を走る豪州。9月のUAE、10月のサウジアラビアと2度の中東での苦しいアウェーを1勝1敗と勝ち点4で終えたのは、今後の非常に大きなアドバンテージになる。

 今回の日豪戦に臨む過程では、ホームの豪州がサウジ戦の後に遠路はるばるの移動で、時差と気候差のダブルパンチを食らった。一方、日本は移動はあれど、時差は気にならないレベル。気候馴化も、豪州の中東の酷暑から春も深まっているのに10℃を切るメルボルンの気候への馴化の方がはるかに厳しい。

 そんなこともあって、この日程に関しては、選手からも「ホームなのにフェアじゃない」との恨み節も聞かれた。しかし、それも今の好調の豪州には、さほど大きな問題ではないようだ。

 大一番を直前にしての両国のコンディションやケガ人の状況を比較すると、その差は歴然だ。サウジアラビア戦の後、幸い大きなケガ人が出なかった豪州は帰国後のリカバリーも至って順調。前々日練習には、ジェディナクがピッチ上での練習には加わらず、プールでのリカバリーに努めたが、その後のファンサービスには顔を出した。

 さらには、前日会見で「試合に向けて万全」と本人が語るように、その後の練習では公開された範囲ではチームメイトと同じメニューで汗を流した。その前日練習には、第3GKのアダム・フェデリーチ(ボーンマス)が軽い鼻風邪で大事を取ったが、これは大勢には何の影響もない。長友、酒井宏、岡崎といった主力のケガ、上がらないパフォーマンスなどコンディション面の不安が募る日本とは、あまりに対照的だ。

ケーヒルが狙う「10年前の惨劇」

 前日会見でポスタコグルー監督は「23名の完全なリストから選手を選べる」と自信を見せたように、登録選手全てがほぼ万全なコンディションにあり、チームの状態はかなり良い。アウェーから帰国後のあまりの順調な様子に気の緩みは無いのかと、粗さがしをしたくなるのだが、叩いても何の埃も出てこない。正直、不安らしい不安は見当たらない。

 会見でのポスタコグルー監督は、日本メディアが必要以上に警戒する“日本の天敵”ケーヒルに関して、「試合はかなりフィジカルなものになるので、しばらく重要な試合を戦っていない彼のコンディションがとても重要。コンディションは良くなっているので、今日(10日)の状態を見て決めたい。もし先発しないでも、彼が試合の重要な局面でプレーするのは確実。試合の後半、たとえば30分プレーするだけでも相手にダメージを与えられる。まぁ彼に頭から行きたいかと言えば、行きたいというだろうけど」と、かなり踏み込んだ内容で起用法に言及した。

 これで、筆者は「ケーヒル、スーパーサブ確定」と得心したが、現地マスコミもほぼ同じ解釈で続々と記事を上げた。これまでのポスタコグルー監督の言動などをブリスベン時代から長く見てきた身として言えば、彼はブラフを言うタイプの監督ではなく、その発言はほぼ額面通りに受け取って良い。何が起こるかわからないので断定は避けたいが、おそらくケーヒル先発は無いだろう。

 同じ会見の場で現地メディアに10年前の“カイザースラウテルンの惨劇”について聞かれたイェディナク。「家で見ていた」と答えた後、「あの試合も交代出場の選手によってドラマが生まれた。今の代表も、ほとんどメンバーが変わったけども、途中から入って来る選手が常に大事な仕事をしている」と語った。

 その10年前、途中出場して日本を奈落の底に突き落とした“交代出場の選手”こそが、ケーヒルであることはここで取り立てて説明するまでもない。10年の時を経て、10年分の経験の蓄積でパワーアップしたケーヒルが満を持して交代出場で入ってきて…考えたくない、シナリオだ。

筆者が予想する日本戦スタメン

 最後に、豪州の諸々の情報と監督のコメントを総合しての先発予想を披露しておきたい。

 GKは不動のライアン、4バックのDFラインは、左からスミス、スピラノヴィッチ、セインスベリー、右SBは迷ったが、高さのマクゴーワンよりは、ピッチにいてくれて安心のミリガンを日本経験も加味して。中盤のボランチは本人の言を信じてジェディナク。攻撃的なポジションには、ムーイ、ロギッチ。両ウィングには、頻繁なポジションチェンジを繰り返しながらのレッキ―とクルーズ。そして、ワントップにはユリッチ。もし、全的中すればご喝采を。

 何もことさら、日本劣勢の不安感を煽る気はない。しかし、余程心して掛からねば、日本は足元をすくわれるだけではなく、かなり衝撃的なダメージを受けかねない。日本が、元アジア王者としてのプライドを一旦脇に置き、アジアの舞台ではしばらく演じることのなかった“チャレンジャー”という役回りを意識して臨むときにこそ、日本の勝機があるように思う。

 豪州について書き続けている。しかし、祖国日本の勝利を願う気持ちは毫も変わらない。見ごたえのある試合が観られて、最後には日本が笑えればなお良し。決戦まであと数時間、大事な試合を前にしてのえも言わぬ高揚感にしばし身を委ねたい。

(取材・文:植松久隆【メルボルン】)