日豪戦を経験した唯一のAリーグ選手・小野伸二

 いよいよ今日に迫ったオーストラリア戦。グループ最大のライバルとの一戦は最終予選突破を占う上でも極めて重要な一戦となる。日豪両国を知る小野伸二はこの決戦をどう見ているのか? 豪州メディアによるインタビューで元日本代表選手は冷静に試合の展望を語った。(翻訳・構成:植松久隆、インタビュー:ポール・ウィリアムズ【豪州】)

——————————

 オーストラリアのトップリーグ・Aリーグでプレー経験を持つ日本代表経験者は3人存在する。

 シドニーFCでゲストプレーヤーとして短期間プレーした三浦知良。そして、ウェスタンシドニー・ワンダラーズ(WSW)でプレーした小野伸二と高萩洋次郎。この3人の日本代表経験者の中で、W杯本選または予選の修羅場で戦われた日豪戦の経験があるのは小野伸二、ただ1人。

 2006年ドイツW杯の“カイザースラウテルンの惨劇”の生き証人でもある小野。79分に交代出場して、オーストラリアの怒涛の3得点を全てピッチ上で体験して一敗地に塗れた。

 そして、その衝撃から6年を経た2012年、Aリーグの新設クラブWSWに請われて入団。そのクラブの初代マーキー・プレイヤー(筆者注:サラリーキャップ制の枠外となる特別契約選手)として2季に渡って所属、大活躍を見せた。今なお、WSWのサポーターに愛され、その影響力が色濃くクラブのそこかしこに残すチームのレジェンドだ。

 そのように、個人的にもオーストラリアとの深い縁を持つ小野が、今週の火曜日に迫った日豪戦に関してのインタビューに応えた。オーストラリアのアジア・サッカーのスペシャリストで、同国有数のフットボール・ポータル「THE World game」で健筆を奮うポール・ウィリアムズの依頼に、小野サイドが特別に応じてくれたのだ。

 その内容は、オーストラリアをよく知る彼だからこその示唆の富むもので非常に興味深い。

 インタビューは、まさかのUAE戦でのホームでの完敗、その後、タイにアウェイ、イラクにホームで辛勝という日本代表の最終予選の序盤の戦いぶりについて尋ねるところから始まった。

小野が語る日本の弱みと、日豪戦の重要性

「(日本代表は、)少しチームとしての決まりごとに縛られているのかな、という気がした。チームとしての決まりを守りつつ、自分たちの強みを発揮していけば、(この3戦でも)良い時間帯があったように、徐々に良い方向に進むだろう」

 既に、初戦でUAEに土を付けられた日本。これ以上の負けは許されない。日豪戦で、最大のライバルを前に不覚を取れば、本選出場に一気に黄信号が灯ってしまう。苦しむ日本が、これ以上負けないための改善の処方箋を小野は次のように語る。

「まずは、とにかく無用な失点を避けること。セットプレーや立ち上がりなどで先制されるとどういう相手でも難しい試合になる。同時に、決めるべき時にきちんとゴールを決めることが重要」

 とはいえ、日豪戦に楽な試合はない。今の日本の置かれた状況も相まって、色々なところから悲観論も聞こえてくる。そのことは、もちろん小野もわかっている。やはり、このメルボルン決戦が最終予選の中で最もタフな試合になるとの認識だ。

「(最終予選の)序盤戦は4チームの接戦となっている。オーストラリア戦では、最低引き分け、できれば勝利を狙いたい。もしアウェイでオーストラリアに勝つことができれば、初戦の敗北(のショック)は、かなり払拭できるはず」

 しつこいようだが、日豪戦に楽な試合はない。しかも、最近、若手の生きの良い選手の台頭が続くので尚更だ。オーストラリアの選手で一番警戒すべき選手を尋ねた時の回答が、豪州をよく知る小野らしい示唆に富むものだった。

 いの一番に上がったのは、いぶし銀のあの選手である。

「高さ一辺倒ではない」。豪州は日本と似たスタイルと分析

「ボランチのミレ・ジェディナクはとても良い選手。彼は、オーストラリア代表の現在の戦術の中心にいる選手」とサッカルーズのキャプテンを評した。もちろん、実績、知名度共に抜群の日本の“天敵”ケーヒルの名前が上がる。

「そして、(ティム・)ケーヒル。スタートからは出ないのかもしれないが、我々日本にとってはいつの時代も注意すべき選手であることに違いはない」。やはり、あの魔の時間帯を目の当たりにした衝撃の残像は、いまだ焼き付いているのだろうか。

“カイザースラウテルン”以降、紡がれてきた同じアジアでのライバル関係。日豪戦が持つ意味についても小野は冷静な分析を見せる。日豪だけではなく韓国も含めた「トップ3」での切磋琢磨こそ、必要と強調する。

「今アジアでは、日本、韓国、オーストラリアが実力的なトップ3。(豪州に限らず)そのトップ3同士が戦うことは、世界との距離を見る上で、とても大きな意味を持つ」

 最後に、今回の日豪戦の予想を聞かれた小野は、「ここ数年のオーストラリアは、高さ一辺倒ではなく、ボールを大切にするサッカーをする。その意味では、同じスタイルで同等のクオリティを持つ両チームが正面からぶつかる試合は、当然激しい試合になる」と冷静に分析しつつ、「オーストラリアも大好きなので頑張って欲しいが、やはり日本人としては常に日本の勝ちを願っている(笑)」と、聞かれた質問を笑い飛ばした。

 日本代表のレジェンドが日本の勝利を願うのは当たり前のこと。メルボルンでの日豪戦の激戦を遠い札幌の地から見守る小野伸二が、試合をどのように見たのかは気になるところ。機会があれば、その話を是非聞かせてもらいたいものだ。

(翻訳・構成:植松久隆、インタビュー:ポール・ウィリアムズ【豪州】)

※当原稿内にある小野伸二選手のコメントは、小野伸二選手、豪州ポータルサイト「THE World game」、インタビュアーであるポール・ウィリアムズ氏の許諾を得て翻訳・引用しています。