【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は11日、ロシアワールドカップアジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1で引き分けた。

 1トップのポジションに入って先発出場し、原口元気の先制点をアシストした本田圭佑は、敵地で得た“勝ち点1”には「正直悔しいですね。先制点を取っていただけに、ゲーム運びとしては計算通りだったので、仕方ないとは思いますけど正直悔しいですね」と振り返った。

 代表では右サイドを務めることの多い本田だが、久しぶりの1トップ出場には手応えを感じていたようだ。

「僕だけがいつもと違うポジションなんで、自分の良さをしっかり活かそうというところと、6年ぶりくらいにやるポジションなので足を引っ張らないようにというところだけ意識していました。(先制点をアシストしたシーンは)あの形は非常に良かったと思う。ああいった回数をもう少し多く作り出せればよかったと思う」

 しかし、グループBで最上位であるオーストラリアと敵地で引き分けという結果には「今日はアウェイということで守備的に戦ったので仕方ない」と最後には納得したコメントを残している。

 日本はこの引き分けによって暫定で2位に浮上したものの、サウジアラビアとUAEが対戦するため3位以下に落ちることが確定している。次の最終予選で、日本はサウジアラビア代表とホームで対戦する。