【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

 先制しながらPKを与え、ドロー決着となった。試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「勝ち点1を得たというより、勝ち点2を失った。このようなファウルはしてはいけない」と振り返った。恐らく、PK献上の場面を指していると思われる。

 チームの戦いについては「しっかりオーガナイズして、オーストラリアにチャンス作らせなかった。2、3回得点を取るチャンスがあった」と評価。そして「選手は素晴らしい試合をした。タクティクをしっかり管理してくれた。もう少しフレッシュさ、スピードあれば勝てたかなと思う」と悔しさをのぞかせた。

 本田圭佑の1トップ起用に関しては「少しタクティクでサプライズを起こそうと」と話し、「本田のパフォーマンスがもっと良ければ、この試合は勝てたと思う」とエースに注文をつけた。

 次はサウジアラビアと対戦することになるが、「まずはこの試合をしっかり分析する」と話すにとどめた。