【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

 原口元気は先制点を挙げ、3試合連続ゴールとしたが、後半にファウルでPKを与えてしまった。「チームとして非常にいい試合をしていたので責任を感じる」と話した。特に前半はチームとしての形を表現できており、「狙っていた形というか、何度も何度も監督から言われていた形が綺麗に出た」と言う。しかし、表情は暗い。

「試合を見てもらえればわかるように、全員がハードワークしていた。勝利のためにみんなが頑張っていたので申し訳ない」

 それでも、「こういう試合をできて、なおかつああいうミスがなければ必ず勝ち点3を取り続けられると思う」と手応えは得た様子。「それぞれがいいコンディションを保って、もう一回勝ち点3を取れるよう準備したい」と前を向いた。