【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

 試合後の会見で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「後悔は全然していない。少しフラストレーションはあるが、戦術の準備をしっかりして、状態を管理し、選手たちは素晴らしい試合をしてくれた」とイレブンを評価した。

 指揮官はチームとしての戦いにも言及している。「特に守備面。相手にわざとポゼッションさせた」と話し、「残念だったのはもう勝ち点2を取れたこと」と悔しさも見せたが、ある程度の満足感は得られたようだ。

 勝ち点1だとしても、アウェイのオーストラリア戦でポイントを取ることはできた。ただ一方で、この日最初の選手交代は81分だった。交代のプランについてハリルホジッチ監督はこう答える。

「同点にされたことによって、試合のビジョンを少し変更せざるを得なかった。オーストラリアはFKかCKでしか得点できないので、その管理をする必要があった。本田(圭佑)と小林(悠)だが、(相手の)FKについては本当に正確な役割を与えていた」

 ベンチに控えるアタッカーを早めに投入する選択肢もあったが、「齋藤(学)と浅野(拓磨)は、少し経験がないとプレッシャーに負けてしまうのでは、という不安もあった」と言う。また「もしかすると、フレッシュな選手を入れるべきだった、かもしれない。オーストラリアはアジアチャンピオン。リスクを多くは取れない」とも話しており、指揮官にとっても采配が難しい試合だったようだ。

 選手たちには「次の準備をしよう、クラブで先発を奪うんだぞ、と伝えた」というハリルホジッチ監督。今回獲得した1ポイントを無駄にしてはいけない。シビアな戦いは今後も続いていく。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)