【イラン 1-0 韓国 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 2018年ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の第4節が現地時間の10月11日に行なわれ、韓国代表はアウェイでイラン代表と対戦。イランのエースFWアズムンのゴールでイラン相手に手痛い敗北を喫した。

 日本代表とは異なるグループAに所属する韓国は第3節時点でイランと勝点7で並び2位につけている。注目の上位対決となったが、先制したのはホームのイランだった。25分、右サイドのレザイーアンにボールを運び中央にクロスを放つ。すると、エースFWアズムンがピンポイントで合わせてボレーシュートを叩き込んだ。

 さらに42分にはエースFWソン・フンミンが警告を受けるなど韓国にとって嫌な展開が続く。そのまま前半は1-0でイランリードで終了する。

 後半に入り韓国は次々と交代カードを切るも、なかなか得点を奪えない。結局アズムンのゴールを守りきったイランが1-0で勝利した。敗れた韓国は大陸間プレーオフ圏内である暫定3位に後退している。

【得点者】
25分 1-0 アズムン(イラン)