【日本 1-1 オーストラリア 2018年ロシアW杯最終予選】

 日本代表は11日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。

 この日は右SBでプレーし、小林悠と縦関係を形成した酒井高徳。「コミュニケーションを取るのは自分の良さの一つでもある。誰とやってもうまくできるという点を自分の強みにしたい」と、小林との連係も問題なかったという。

 しかし、「個人的にはあまり安定していなかった」と反省もしている。「こんなに連続して細かいミスをしたのは久しぶりだった。最近はずっと自信を持ってやっていたので、ミスが目立たずにやってこられた。今日は少しミスが出てしまったので、すぐ修正したい」と述べた。PK献上のきっかけになったシーンでは酒井高のサイドを破られており、チャレンジ&カバーが疎かになっていた。

 次のゲームに向けては「また色々なスカウティングをしないといけないと思うが、今日やったベースのところ、体のコンタクトのところ、ラインのコントロール、攻撃のクオリティ、攻撃のスピードというところは続けてやっていきたい」と抱負を語った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)