豪州代表にとって“ホームでの勝ち点1”は満足だったか

 日本代表は現地時間11日、ロシアワールドカップアジア最終予選でオーストラリア代表とアウェイで対戦し、1-1で引き分けた。グループBで最高位の“サッカルーズ”(オーストラリア代表の愛称)との対戦だったが、現地でオーストラリア代表を10年以上取材する現地記者は、日本代表が拍子抜けなパフォーマンスだった相手に引き分けという結果に終わってしまったことへの意味を指摘している。(取材・文:植松久隆【メルボルン】)

—————————

 ホームでの勝ち点1。普通であれば、「勝たなければいけなかった」と言う声が上がるものだ。しかし、それが日本と言う最大のライバルが相手であったら、「まぁ、負けなかっただけいいだろう」となる。そこには、やはりアジアへの先達に対してのリスペクトが残っているからなのか――。

 いや、それは否である。昨夜の試合に限って言えば、豪州サイドはあの出来で「負けなくてよかった」と思わねばならない。試合後の会見で日本代表のハリルホジッチ監督が、「選手には、グループ最大の難敵から“勝ち点1を得られた”ことを、おめでとうと伝えたい」と言ったが、それを何をか言わんという思いで聞いた。

 日本は間違いなく、勝てる試合を逃しグループ最大の難敵からの“勝ち点2を落とした”のだ。昨晩の豪州相手に追加点を奪えなかったことを問題視するべきだと思うのだが。

 試合前、スタメン表が配られた瞬間に、長くサッカルーズを見てきた身としてのちょっとしたサプライズがあった。マーク・ミリガンやマシュー・レッキー、そしてロビー・クルーズと言ったこの最終予選に入って活躍を見せていたレギュラー格の選手が全て外れての4-4-2は正直、想定外。ミリガンは、先のサウジアラビア戦で本職でない右SBでのプレーにやや精彩を欠いたのもあり、高さのライアン・マクゴーワンで臨んだのは解せる。

 しかし、2トップにトミ・ユリッチとアポストロス・ジアノウが並んだのには驚いた。というのも、この2人が同時にプレーをするのはこの試合が初めて。2トップがあるとすれば、ユリッチとレッキーの組み合わせだろうと決めつけていた、自分にはたと気づかされた。並べた理由は分かる。単純に「高さ」。とはいっても、レッキーとジアノウの身長差は4センチだが。

 レッキーが頭から入っていれば、4-3-3へのシフトの時に話が早いのだが、そうできなかった理由と、そのことでスーパーサブのティム・ケーヒル投入を含む後半の交代カードの切り方に影響が及んだことは後述する。

拍子抜けの豪州代表。監督もゲームプランを後悔

 いずれにしても、「戦術だ、フォーメーションだ」の以前に、豪州の出来そのものが拍子抜けだった。特に、前半。アンジ・ポスタコグルー監督が試合後の会見で盛んに口にした「無駄にしてしまった」の言を俟たずとも、そのパフォーマンスを見れば一目瞭然だ。

「(この失点で、)ゲーム早々から自分達のスタイルではなく、スコアボードを気にしてプレーするようになってしまった」と監督自身が悔やむ、ゲームプランを一瞬にて狂わす早い段階での失点。追いつかなければという焦りと、自分が思うように動けないコンディション面へのいら立ちだけが、前半の豪州のプレーには表れていた。

 頼みのアーロン・ムーイも、パスミスを連発。彼の名誉のために言うが、彼はこんな選手ではない。昨夜の彼は間違いなく、代表キャリアワーストの出来だった。ムーイだけではない、トミ・ロギッチもマッシモ・ルオンゴも前線に有効なボールをまったくと言っていいほど配給できない。そうなると、2トップの両名は前線でただ苛立ち、天を仰ぐだけ。時間だけが無為に過ぎていった。

 ムーイだけではなく、チーム全体の動きが悪く、プレーの精度にを欠くとなると、理由は明白。コンディション不良である。「ホームなのにアウェイ同様の日程」と地元メディアが嘆いた直前の灼熱のサウジアラビアからの時差、気候差を含む大移動は、予想以上の疲労の蓄積という形でサッカルーズを蝕んでいた。

 豪州サイドは、サウジアラビアから戻って以来、「リカバリーは順調、コンディションも上がっている」とコメントし続けてきた。しかし、それはブラフだったのか、それとも本当にその影響を読み違えていたのだろうか。

 そこを今更追及しても詮無きこと。実際問題、試合に臨んだ選手たちのコンディションは良くなかった。昨晩のパフォーマンスの悪さは、豪州が弱いのでは決してない。そのことは、ぜひ知っていてほしい。自戒の念を込めて、彼らのコメントやリラックスムードをして、「コンディション回復は万全の様子」と見立てた自らの不明をこの場で悔いておきたいと思う。

両国のサポーターが気にしていたケーヒルの投入

 前半が終わり、「もっとボールを動かせ。強引にプレーするのではなく、もっと正確なプレーを。追いつくことばかりを考えてスコアボードを気にするのではなく、自分たちのスタイルを気にしろ」との監督の檄を受けてピッチに戻ってきた豪州は、即座に軌道修正に成功。

 後半7分、すぐに改善された攻撃が実を結ぶ。相手陣ゴール前でユリッチが原口のファールを誘い、PKを獲得。ホームの大観衆の期待(日本サポーターからは反対の思いだが)を背にした緊張の場面は、いつも冷静沈着の主将ジェディナクが確実に蹴り込んだ。

 ここから息を吹き返した豪州は次第に試合の主導権を手繰り寄せていく。ハリルホジッチ監督は「相手にボールを回させることができた」と豪語したが、豪州はある時間帯では中盤での細かいパス回しをしながらチャンスを伺い、新生サッカルーズのほんの片鱗だけだがメルボルンの大観衆に披露することができた。さらには、体格差を生かしてのロングボールでの攻撃も交えるなど、大観衆の声援を背にじわりと日本ゴールに迫るシーンが見られるようになる。

 この展開ならば、ケーヒル。日豪両国のほぼ満場のサポーターが、まったく別の観点から「ケーヒルはいつ投入されるのか」と気にしていたに違いない。

 2トップの出来からしても、同点に追いついた直後にまずは2トップの一角との交代という手もあったが、理想としてはワントップで使いたいという気持ちもあったのか、ポスタコグルー監督が最初に切ったカードは、後半12分のロビー・クルーズだった。クルーズはウィンガータイプの選手だが、ジアノウに替わりそのままツートップの一角に入った。

豪州に欠けた両翼。終了間際に揃うもケーヒルにゴールは与えず

 そこから10分少々様子を見て後半25分、満を持してのケーヒル投入。しかし、ここでもフォーメーションは4-4-2のまま。ピッチ上にウィングを張れる選手がクルーズしかいない。

 ケーヒルは、本質的にはセカンドストライカータイプだったのが、決定力のあるFWが不足している事情もあり、その類稀なジャンプ力を生かしてワントップを張ってきた。2トップには向かないクルーズとの組み合わせでは、ケーヒルが生きない。それは筆者でも分かっているくらいだから、ポスタコグルー監督が知らぬはずはない。

 後半37分、全体的に精彩を欠いたムーイを変え、試合後にポスタコグルー監督が「(先発させないのは)少し疲れが残っているようだった。クラブでもずっと試合に出ているし、少し足に違和感もあった」と語ったレッキーがピッチに。この時点でようやくサッカルーズの両翼が羽ばたける態勢が整った。

 トップに張ったケーヒルに残された時間は、アディショナルタイムを入れて約10分。彼が決定的な仕事をやってのけるには充分な時間だったはずだが、スタジアム内の豪州サポーターが期待するあのコーナーフラッグとのボクシングシーンは見られないままに試合終了の笛を聞くことになった。

日本は「豪州に勝ちきれなかったこと」への再考を

「何とも“日豪戦らしい”日豪戦」――。日本の友人から試合評を求められて、メッセージしたフレーズだ。スコアは1-1、ドロー。何とも煮え切らないままに試合が終わり、お互いの手強さをあらためて再確認する。今までの日豪戦で何度も見てきた光景だ。

 実際、06年以降、同じアジアで相まみえるようになってからの日豪戦の成績は、9戦して日本の3勝1敗5分。W杯最終予選に限定した成績は、豪州の1勝4分けとなった。やはり、接戦でドローが多いというイメージは間違いではないのだ。

 では、この天王山となる試合での勝ち点1をどう総括するのか。盛んに「前半を無駄にしてしまった」を繰り返したポスタコグルー監督の心中を慮るならば、失望。過酷なアウェイからの移動を経て、戻り切れないコンディションの中での精彩の無いプレーで負けなかったことを考えれば、一安心。

 この場では豪州について書くことを求められてはいるのだが、長年、豪州を通して日本代表を見させてもらっている立場から、最後に一言だけ。日本が、アウェイとは言えど昨晩のあの出来の豪州に勝ちきれなかったことの持つ意味、影響を日本サイドは冷静にレビューして欲しい。アンジ・ポスタコグルーという監督は、来年8月に同じ轍を踏むとは、到底考えられないからだ。そのことを、メルボルンの地で去りゆく祖国の代表を見送りながらの筆者なりのメッセージとしたい。

(取材・文:植松久隆【メルボルン】)