レアル・マドリーが12日、26歳のドイツ代表MFトニ・クロースと契約延長に合意したことを発表した。これにより契約期間が2022年6月まで延びることになる。

 クロースは2014年にバイエルン・ミュンヘンからレアルに移籍。加入1年目にしてリーグ戦36試合に出場し2得点9アシストの活躍を見せた。昨季はチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも貢献している。

 また、ドイツ代表としても主力として活躍しており、2014年W杯決勝のアルゼンチン戦ではフル出場を果たし優勝を経験していた。