マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバは、ジョゼ・モウリーニョ監督からユベントス在籍時に同僚だったニューヨーク・シティに所属するMFアンドレア・ピルロのようなプレーを求められているようだ。12日にポルトガル紙『ア・ボラ』が報じている。

 先日行われたロシアワールドカップ欧州予選のオランダ戦で見事なミドルシュートを決め、チームを勝利へ導いたポグバ。しかし、サッカー界の歴代最高額で加入したユナイテッドではユベントスで見せていたようなパフォーマンスができてはおらず、移籍金に見合った活躍ができてはいないとして厳しい評価を受けている。

 しかしそれには理由があるようだ。モウリーニョ監督は、ユベントスで左インサイドハーフを任されていたポグバにピルロのようなプレーメイカーとしてのプレーを求めているという。

 ポグバは、「モウリーニョ監督は僕に指示を与え、僕はそれに従おうとしている」と答えるも、「だけど僕は彼の要求に適応しなければいけないんだ」と未だに監督から求められていることが完璧にはできてはいないことを告白。

 さらに、「僕の役目はボールを奪い返し、守備に参加し、チームのためにプレーしようとすること」と自身の任務を告げると、「ここでは僕が慣れていたゲームとは異なるゲームをしているし、少しピルロのようなプレーをすることを求められている」とプレーメイカーとしてのプレーを要求されていることを明かした。

 これまでとは異なるプレーを求められているポグバ。完全に適応できるようになるまでにはまだ少し時間がかかるかもしれない。