2018年ロシアW杯欧州予選のフランス代表とスウェーデン代表の試合が11月13日の予定から11月11日に変更された。これについて複数のメディアは2015年11月13日に発生した”パリ同時多発テロ事件”を考慮したものだと報じている。

 フランス代表対ドイツ代表の親善試合がスタッド・ド・フランスで開催されていた13日。フランス・パリの各地でテロ事件が発生した。多くの死傷者が発生するなど世界に衝撃を与えている。フランスにとって忘れられない日に、今回のスウェーデン戦が予定されていた。

 伊『スポーツ・メディアセット』によると、フランスサッカー連盟からFIFA、欧州サッカー連盟(UEFA)、スウェーデンサッカー連盟に対してスケジュールの変更を要求し受け入れられたとのこと。

 また、ヨルダンメディア『Al bawaba』もフランスの試合日が変更されたことを報じると共に、現地時間11日に行われたイラン代表対韓国代表の試合が、事前にイラン側から”宗教上の理由”で試合日の変更を要求されたものの拒否されたと報じている。