相手の対策を明確に仕込んだオーストラリア戦

 10月11日、2018ロシアW杯アジア最終予選、アウェイでのオーストラリア戦に臨み、引き分けで勝ち点1を獲得した日本代表。勝利こそ得られなかったが、相手の長所を封じ、弱点をつく戦いを見せ、今後のベースとなりえる試合を見せたと言える。(取材・文:河治良幸【メルボルン】)

——————————

“相手のストロングポイントを消し、ウィークポイントを突く”

 ハリルホジッチ監督の戦い方をあえてシンプルに表すなら、この言葉が当てはまる。ただし、それを効率よく正確に実行する、そして対策に応じた柔軟な戦術を実行するには高いスタンダードが求められる。全員が攻撃にも守備にも関わること。それが昨年3月の就任時に掲げたメッセージだった。

 攻撃時にもDFの役割があり、守備時にもFWの役割があるということ。それが攻撃的であろうと守備的であろうと、メンタルもタクティカルも常に試合に関わることがチーム全体としてのインテンシティーを高めるということだ。

 二次予選のシリア戦が終わった後に、ハリルホジッチ監督はチーム作りの第一段階が完成したことを告げた。

 日本の課題だった相手ディフェンスの背後を狙う意識、3つの高さの守備ブロック、ボールを奪った後に最も効率よく次の攻撃に移るためのファーストパス、縦を基本に角度のある1&2タッチでのパスワーク、素早い攻守の切り替え、そしてよく話題にのぼる“デュエル”といった基本事項を繰り返し選手に伝えた。

 もちろん試合に応じた戦い方は伝えていたようだが、今回のオーストラリア戦はより明確に相手の対策を入れてきた。

「選手たちは特に守備面で素晴らしい試合をしてくれた。相手にわざとポゼッションをさせて、得点を取る可能性があることも最初からわかっていた」

 そう語るハリルホジッチ監督がアウェイのオーストラリア戦で用いた戦い方は予選突破、さらに本大会を見据える日本のベースとなるものだ。だが、4-4-2と4-1-4-1を併用するシステムや本田のFW起用を今後も固定的に使っていくとは考えにくい。

「成長するためにもこの戦いを」

「サウジアラビア戦はまた違った戦い方になると思います」と長谷部キャプテン。あくまでオーストラリアとのアウェイ戦に適した戦い方を見出した結果であり、親善試合のオマーン戦やホームのサウジアラビア戦となれば、また変わってくるはずだ。

 ブラジルW杯で日本代表を率いたアルベルト・ザッケローニ氏は監督就任当初、しばしば「カメレオンのように戦う」とメディアに語っていたが、ある時からその言動を止めた。最終的には“自分たちのサッカー”と言われる日本らしい攻撃スタイルを突き詰めてブラジルW杯に臨んだが“惨敗”に終わった。

 ザッケローニ氏がなぜそのような判断にいたったのか。そこに日本の良さを見出したからか、多様な戦い方を植え付けるには代表チームは準備期間が無かったのか、あるいは選手たちの自主性をより尊重するスタンスを取ったのか明確にはわからないが、3つの試合で違ったパターンの問題に当たった。

 コートジボワール戦では中盤でボールを回させてもらえず、ギリシャ戦では逆に強固な守備ブロックの手前でボールを回させられるような状況でディフェンスを崩しきれなかった。そして全てをかけて挑んだコロンビア戦は崩しの部分で最も可能性を見出したが、前掛かり的な日本の攻撃意識をむしろ利用され、カウンターからいいように決定機を作られた。その3試合を経験した岡崎慎司は「自分たちで(ボールを)回すのもそうだけど、結果それでW杯は勝てなかった」と語る。

「今はそこから脱皮するじゃないけど、そこから成長するためにもこの戦いを。(戦術的な)臨機応変さは必要だと思うんですけど、そういう戦いが必要な時に自信になる」

目指すゴールはアギーレと大きく違わないはず

 アギーレ前監督も、技術委員会がそうした状況を見据えて招聘した指揮官だったが、半年間で選手のテストも含めてチームのベースを作り、その成果をアジアカップで見極めて、その後のチーム作りに生かそうかという段階で“八百長疑惑”が起こり、アジアカップの準々決勝での敗退を喫した直後に契約解除となってしまった。当時のアギーレの戦い方がハリルホジッチより面白かったという意見をよく見るが、チーム作りを線でイメージしてほしい。

 就任から半年間、現在のハリルホジッチ監督と違い、アギーレ監督は合宿中のミーティングを30分から長くても45分程度で行っていたそうだが、ある記者会見でその質問が出た時に「それは時と場合による。私は必要なら2時間だってやる」と回答した。

 つまり、その時が来ていなかったのだ。メキシコ代表を率いた2010年W杯では4試合全てで対戦相手に応じて異なるシステムと配置で戦ったアギーレ氏だけに、強化のアプローチは違っても、本大会に向けて目指すゴールは大きくは違わなかったはず。

“全員が攻守に関わる”というベースをできる限り高め、そこに対戦相手の分析による戦い方の変化を加える。基本的に“堅守速攻”というイメージで大きな間違いはないが、時にはポゼッションを許容することもあるだろう。それを“一貫性が無い”という見方もあるかもしれないが、対戦相手を分析して指揮官が考える最適な戦い方をチョイスしていくというスタンスこそが一貫性と言える。

戦術的機能性を優先することにより生じるリスク

「ここからの戦いに向けたベースを見せられた試合」と酒井高は語る。イラク戦の翌日から5日間でオーストラリア対策を選手に伝え、試合で途切れず実行するまで高めた手腕に疑いの余地は無いが、攻撃面での質や精度の部分で大きな課題は出た。選手交代の部分でも、セットプレーの守備や疲労度、また同点の状況で動きにくかったとはいえ、状況に適した有効なカードを切っていくべきだ。

 残りのレギュレーションを考えてもアウェイのオーストラリア戦で勝ち点1は悪い結果ではないが、ここから6試合で勝つべき試合を取りこぼさない保証はどこにもない。

 明確なのはハリルホジッチ監督がこれまで取り組んできたベースの部分を強化しながら、相手に応じて“相手のストロングポイントを消し、ウィークポイントを突く”戦い方をしていくということだ。

 この指揮官にとってゲームの主導権とはボールのポゼッションではなく、相手の良い部分を出させず術中にはめているか、さらに相手の嫌がる形で得点チャンスを生み出せるかだ。

 残りの最終予選はまた難しいものになるが、オーストラリア戦で示された主力の戦術実行力を考えると1つネックになるのが、新しい選手の起用法だ。タレント的にはまだまだ代表でテストされるに値する選手はいるはずだが、組織として高い機能性を発揮することが優先されれば、その機能性を一時的にも低下させうる新戦力の組み込みは難しい判断が要求される。1年半でベースを作り、相手の対策を入れた戦いの中で、良い意味での競争は発生するのか。

 アルジェリア時代は約3年間で新陳代謝もあったが、選手発掘のバックボーンが異なるし、フランスリーグでプレーする選手を戦術的にフィットさせやすかったこともあるかもしれない。今回のメンバーにはクラブでポジションを掴むように伝えたそうだが、親善試合をはさむ11月の選考でより方針は見えてくるはずだ。

(取材・文:河治良幸【メルボルン】)