激減する岡崎の出場機会。CLでは「まさかのベンチ外」

 昨季プレミアリーグ優勝を果たしたレスター・シティで主力としてプレーした日本代表FW岡崎慎司。しかし今季は出場機会が激減し、チャンピオンズリーグでもいまだプレーできていない。なぜ岡崎の出場機会は減ってしまったのだろうか? 日本代表ストライカーは自らの“現在地”を語るとともに、優勝を遂げたチームに生じた変化、そして出場機会奪取に向けた思いを口にした。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

———————————-

 日本代表のワールドカップ・アジア最終予選、イラクとオーストラリアとの2連戦へ向けて英国を飛び立つ数時間前。レスターの岡崎慎司はプレミアリーグ、公式戦ともに3試合ぶりにピッチに立った。

 試合自体は見どころがない内容だった。組織が整備されたサウサンプトンが上手なサッカーをするのに対して、レスターは講ずる策がまるでないチームに映った。

 守備では前線からのプレスがまるで効いていないため、低い位置まで引いて数をかけて守ることに専念。数回訪れたピンチは、サウサンプトン攻撃陣の決定力不足に助けられて失点は免れた。攻撃も、自陣から前線へ大きくボールを蹴り、その着地点にジェイミー・ヴァーディーやイスラム・スリマニがいれば儲けものというような単調なものばかり。相手のパスミスから好機を作ることはあったとはいえ、決定的な場面は見られなかった。

 そんな行き当たりばったりのサッカーを繰り返すレスターに変化を加えたのが、岡崎だった。途中交代直後の後半22分にはスリマニへ好スルーパスを出して、いきなりチャンスを演出。その後も積極的なプレッシングを仕掛けるなど、チームに勢いを与える。

 同30分には自らゴールを狙う好機が訪れる。デマライ・グレイの左サイドからのクロスに、ニアサイドに入った岡崎が後方に倒れながら絶妙なヘディングシュート。ゴールへと向かったボールはポストのわずか右に外れたが、スタジアムではこの日一番の歓声が沸いた。

 最終的に0-0で試合は終了。それでも、冴えないプレーが目立ったレスターの攻撃陣では存在感を示した内容に、岡崎本人は「楽しい(笑)。動くスペースもいっぱいあった。流れも一気に悪くなりつつあるところを変えたと思う」と満足げな表情を浮かべた。

 試合出場は、9月20日に行われたリーグカップ3回戦、対チェルシー戦以来2週間ぶりだった。それ以前の公式戦もチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦、プレミアリーグのバーンリー戦と2試合出番なし。特にブルージュ戦では、本人だけではなく、誰もが予想しなかった「まさかのベンチ外」でガックリと肩を落とした。

 それだけにチェルシー戦には強い意気込みを見せ、しかも2得点を決めて結果を残した。だがその後に待っていたのは、2試合連続の出場機会なしという状況。特に9月27日にホームで行われたCLのポルト戦ではリードした展開となり、逃げ切るためには守備にも貢献できる岡崎の起用が妥当と思われたが、最後まで出番は回ってこなかった。

新戦力の獲得で失った「2番手FW」のポジション

「クラウディオ・ラニエリ監督は、どのような状況でなら岡崎を使うのか」

 プレミアリーグで最後に先発出場した9月10日のリバプール戦から、最終的に出番が与えられた前述のサウサンプトン戦まで。岡崎本人を含めて、誰もがその答えを探し続け、今でも明らかにはなってはいないのが現状だ。

 およそ1ヶ月前まで、岡崎はエースのヴァーディーに次ぐ2番手FWの位置にいた。プレミアリーグ挑戦1年目の昨季はリーグ戦初優勝を果たした“ミラクル・レスター”の一員として36戦に出場し、そのうち28試合で先発起用。5得点とゴール数に物足りなさを感じたのは確かだが、その一方で抜群の決定力を誇ったヴァーディーやリヤド・マレズをサポート。攻撃では中盤と前線をつなげる潤滑油的な役割をこなし、高い位置からプレッシングやボールを失った際のトラックバックで守備でも貢献した。

 2年目の岡崎は自身のポジションを確立させるために、スケールアップを目指した。それがゴールに対するさらに貪欲な姿勢であり、得点力アップであった。そのためにシーズン開幕前からミドルレンジからのシュート練習をこなし、開幕後はエリア外からも積極的にゴールを狙う岡崎の姿が見られた。

 翻って現在。本人が思い描いていた状況とは裏腹に、岡崎はチーム内の3番手、4番手、もしくは5番手かも分からない状況に陥っている。イタリア人指揮官が開幕前にアフメド・ムサを、さらに移籍期限直前にはスリマニを獲得したことからも、日本代表ストライカーのパフォーマンスに納得していなかったのは確かである。

 昨季3月14日の対ニューカッスル戦で鮮烈なオーバーヘッドゴールを決めて以来、チェルシー戦まで半年以上もゴールがなかったのだ。一方、スリマニはプレミアリーグデビューとなったバーンリー戦で2得点を挙げ、さらにCLのポルト戦でも決勝ゴールを決めた。バーンリー戦後、岡崎は出場機会を与えられ続けながらゴール数を伸ばせなかった自分自身の不甲斐なさを嘆いた。

「結局結果を残しきれなかったというのが、そのツケでこうやって新しい選手を獲らざるをえなかったと思う」

 だが同時に「今までにないくらい厳しいFW争い。もう次のレベルでの戦いに入った。昨季とはまったく違う戦い。俺のプレミアリーグでの第2ステージ」として、奮起を誓っていた。

“ミラクル・レスター”に生じた昨季からの変化

 現状のレスターの2トップはヴァーディーとスリマニがレギュラーであることのは間違いない。さらにはムサとレオナルド・ウジョアというライバルも控えている。保守的な老将だけに、レギュラー2人と似たタイプでスピードが売りのムサと、高さのあるウジョアを優先的に起用する可能性は少なくない。

 実際にそのような交代カードの切り方もしているし、ブルージュ戦後に岡崎をベンチから外した理由として、指揮官は「セットプレーで背の高い選手が欲しいから、ウジョアを選んだ。ウィンガーを交代したい、もしくはヴァーディーを代えたければ、ムサもいる」とコメントしている。

 となれば、岡崎には不利な状況になるのは確実だ。しかし今季のチームの戦いぶりやサウサンプトン戦での起用法から判断すると、岡崎にはまだ十分望みが残っている。

 今季のレスターが昨季のような強さを見せられていないのは、コレクティブなサッカーができていないのが最大の理由だ。しかし同時に、昨季は中盤で攻守の要を担ったエンゴロ・カンテがチームを去ったのも大きな要因でもある。ボールの出し入れに長けたカンテがいないためにパスの出どころが少なくなったが、それ以上に肝要なのは中盤に躍動感がなくなってしまったことだ。

 また2人のストライカーとフラットに並ぶ中盤の4人の間を埋める選手がいないため、ぽっかりとスペースが空き、大きく間延びしている点も見逃せない。

 さらに前線からのプレッシングが皆無でチーム全体のインテンシティーも低い。その結果、対戦相手は余裕をもって中盤でボールを回し、逆にレスターは後手に回った状態で自陣での守備を強いられる。すると、もともと個々の能力が高くない守備陣は、簡単に敵にチャンスを与えてしまうのである。

岡崎が語る、現在のチームの問題点

「チームの戦い方を見ていても、前と違うのは、[4-4-2]の形で[4-4]で守って前の[2]に当てて無理だったらもう終わっちゃう、みたいな感じ。力関係的に僕らの方が上ならば、僕らが押し込んでみんなが躍動する。でも、(サウサンプトン戦は)いけていない感じがした。

 固定メンバーでやっているから疲れているかもしれないし。2トップも1人1人で行ってしまう。いいときは前で(ボールを)取れたりしてチャンスを作るが、あそこを外されたときはフリーでボールを持たれて上がられる。あれで相手がもっと上手かったら、どうなるんだろうと思う」

 サウサンプトン戦後の岡崎の感想だ。そしてさらに分析を続けた。

「自分がこういう(控えの)立場にあるのは、監督のやるサッカーが(昨季と比べて)ある程度シンプルな4-4-2に変わったという感じ。僕がいたら4-5-1のような形で、ヴァーディーとリヤドを生かすサッカーだったけど、そうではなくなった。むしろスリマニを生かすようなサッカー。ただあいつのところで(ボールが)収まらなかったらきつい」

 だからこそ、岡崎の存在価値は高いはずだ。この試合で示したとおり、高い位置からのプレス、さらに中盤まで下がってボールを受けて攻撃の組み立ての役割も担える選手は、現在のこのチームにはいない。

「そういう意味では、自分も戦い方によってはチャンスがあるとは感じた。監督が4-5-1とか、変化が欲しいときには使われると思う。『ちょっとずつ出て、こっちの方が上手くいくのではないか』という風にやっていけば、僕にもチャンスがあるという感じ」

プレミア2年目。吹っ切れた30歳のストライカーの挑戦

 またこの試合後、ラニエリ監督はローテーションの導入を示唆するコメントをしたのも岡崎にとっては追い風だ。

「(CLに参戦しているので)3日おきにプレーするやり方を考えなくてはいけない。選手の中には休みを与える必要があったのかもしれない。サウサンプトンもミッドウィークに我々より1日後にプレーしたが、彼らは7人選手を入れ替えた。私は1人しか代えなかった。それだけでは足りなかった」

 そして岡崎個人のパフォーマンスに対しても、「シンジはエネルギッシュな選手で、中盤と前線をつなげてチームを助けてくれる。また彼は空いたスペースを有効に使える。ヴァーディーが疲れているように見えたから、ハードワークを厭わないシンジを投入した。良いパフォーマンスだった」と高い評価を示した。

 一見すると、今季のラニエリ監督には不可解な選手起用が多い気がするが、岡崎は「監督が不公平ではないことは信じている」。だからこそ、今は前を向くしかないのである。

「あまり一喜一憂せずに、僕もこれ(今の状態)を受け入れるというか、今はやっぱり地道にやらなきゃいけないなと思う。それでまた自分が出場した時に、そのチャンスを活かす」

 一時は不満を漏らしていたが、それも今では吹っ切れた。プレミアリーグ2年目、30歳の挑戦は続く。

(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)