U-19、U-23から選手を呼ぶほどの非常事態

 10月14日、ヘルタ・ベルリンとのブンデスリーガ第7節に臨むドルトムント。代表ウィークを経て怪我人が続出し、危機的な状況に陥っている。日本代表に合流するために長距離移動を強いられた香川真司であったが、クラブでの出場機会に恵まれていなかったことを考えれば、ここでチャンスを得て序列を上げたいところだ。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

——————————

“二枚看板”が離脱した。2016年10月14日のブンデスリーガ第7節、ボルシア・ドルトムントはホームにヘルタ・ベルリンを迎える。

 ここに来て香川真司の試合出場の可能性は高まっている。と言うのも、代表ウィークをまたいでドルトムントに怪我人が続出しているからだ。

 9月27日に行われたCLレアル・マドリー戦の後で、既にシュールレは膝の問題で離脱している。カストロは1日のレバークーゼン戦で内転筋を痛めて前半で途中交代した。そして、それぞれの代表戦で、ゲレイロは太ももに違和感を抱え、ピシュチェクは膝に痛みを負い、ソクラティスは内転筋を痛め、ドルトムントに帰ってきた。

 クラブの監督からすれば、各国代表の活動で選手たちが負傷して戻ってくることは、悪夢以外の何物でもない。13日の会見で監督トゥヘルが語るところによれば、ヘルタ戦にはベンチにU-19、U-23から選手を加えて「新しい人員状況」で臨むのだという。要するに、非常事態、ということだ。

 こうした野戦病院化は、もはやドルトムントにとって秋の風物詩だが、何よりカストロとゲレイロの離脱は痛手だろう。13日の会見によれば、ゲレイロとカストロはヘルタ戦を確実に離脱する。

 両選手は9月にトゥヘルが主に採用した[4-1-4-1]のインサイドハーフを務め、ドルトムントの躍進を支えた。ゲレイロはインサイドハーフにとどまらず本職の左SBもこなし、FKの場面でも精度の高いキックを見せて多様性を発揮する。

 9月の6試合で3ゴール5アシストと数字も残した。絶好調だったカストロは、結局招集はなかったが、再びドイツ代表に推す声が高まったほどだ。この“二枚看板”を失ったことで、今トゥヘルが最も頭を悩ませているのは、インサイドハーフのポジションだろう。

現在のドルトムントが有するプランAとプランB

 現在このポジションでは、香川とゲッツェが起用可能だ。なので、まず“プランA”としては、2人をそのままインサイドハーフのポジションに並べる、ということになる。ボランチにヴァイグルを配置するこの形は、既にプレシーズンで試されている。ゲレイロのインサイドハーフ起用のような、目覚ましい成果は出ていないが、ぶっつけ本番ではないので、“プランA”の採用はあり得るだろう。

 気がかりなのは香川のコンディションの状態だ。日本、オーストラリアと地球の裏まで移動して、ドイツに戻ってきたばかり。代表参加前のドルトムントでは調子を落として、出場時間は4試合45分に留まっていた。オーストラリア戦ではフル出場したが、移動距離と時間も含め、万全とは言い難いのではないだろうか。18日にはアウェイのポルトガルでのCLスポルティング・リスボン戦も控えている。

 そこで考えられるのは“プランB”だ。[4-2-3-1]の布陣で、ゲッツェをトップ下に配置して、ヴァイグルとローデがダブルボランチを組む。ゲッツェも8日のチェコ戦、11日の北アイルランド戦とフル出場したが、いずれの試合もドイツ国内で行われており、移動の負担はほとんどない。

 ドルトムントはシーズンの序盤をこの布陣で戦っており、“プランB”を採用したとしてもリスクは少ないだろう。この場合、香川はベンチスタートとなるが、ドルトムントが野戦病院化していることを考えれば、途中出場の機会は巡ってきそうだ。

 トゥヘルは対戦相手のヘルタを「とてもコンパクトで、戦術的に極めて高い規律が取れている」と警戒する。

「我々は非常に忍耐強く食らいつき、テンポ良くプレーするつもりだ」

 ヘルタは、監督ダルダイが“守備をしない王様”サルモン・カルーを外してから、攻守においてより全体として統一され、2位と好調を維持している。

 3位のドルトムントとしては、チーム状況も相まって、格上に挑む気持ちでヘルタ戦に臨まないと痛い目を見ることになりそうだ。

(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)