ルーニーが背負った背番号は「10」ではなく「18」

 イングランド代表で若くからその才能を発揮し、活躍を見せてきたウェイン・ルーニー。しかし最近の代表戦ではベンチスタートになる試合も多く、国内でも「当然」という声が上がっている。本来のポジションはFWだが、その献身性や万能性から近年はMFでの起用も増えている。マンチェスターユナイテッドでもポジションを失いつつあるように、本格的なMF転向への決断を迫られているのかもしれない。果たして、黄昏の主将は“酷な命運”へと向かってしまうのだろうか。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

————————

 去る10月11日の2018年W杯予選スロベニア戦(0-0)で、ウェイン・ルーニーが付けていた背番号は18番。スタート位置はイングランドのベンチ。それでも、母国内での反応は「なぜ」ではなく「当然」。24日で31歳になるイングランドの元「至宝」は、限界説が高まる中で今季を送っている。

 冷めた言い方をすれば、やむを得ない事態ではある。加齢による肉体的な衰えは、昨季後半にMFへの転向意思を口にした当人も自覚しているはず。FWとして猛烈に相手ゴールに迫る姿が影を潜めて数年が経過している。そこで、スピードや馬力ではなく技術とセンス、そして経験値を武器に周囲を操る役割を新たに担いたいところだが、言うは易く行うは難しだ。

 決意も新たに復興を目指すイングランド代表には、実戦を通じて磨かれるべき若い世代が育っている。トップ下は、「ダイナミックでテクニカルなデレ・アリのもの」という見解が識者間でも圧倒的。センターハーフにも、アリと同じトッテナムで万能DFから正ボランチへと進化したエリック・ダイアーと、リバプールで伸び悩みを脱した感のあるジョーダン・ヘンダーソンらがいる。スロベニア戦で揃って先発したこの3名は、いずれもプレミアリーグの今季優勝候補で先発レギュラーとして頼られる主力だ。

 逆にルーニーは、マンチェスター・ユナイテッドでレギュラーの座を失った。ジョゼ・モウリーニョ新体制下での開幕1ヶ月強の間に、トップ下から2列目アウトサイド、そして中盤中央へと回された挙げ句、9月後半の時点でベンチに降格していた。

 最近のルーニーが気を吐いたと言えるのは、スロベニア戦前の会見ぐらい。既にベンチスタートが公になっていた会見には、暫定で指揮を執るガレス・サウスゲートが主将の欠席を認める気遣いを見せたが当人は敢えて出席。悔しさを堪えて報道陣の前に現れた気骨が、「ピッチ外では立派な勝者だ」とメディアに讃えられた。

「時に彼への非難は酷に思える」

 翌朝、「代表引退はない」とした本人の発言を受けて、「まだ終わってはいない」という路線が大半を占めた国内各紙の見出しは、ルーニーの代表キャリアが終わったとは思いたくないという、メディア側の感情をも反映しているように感じられた。イングランド人記者も、素顔は代表ファンの国民。心の底では、ルーニーならばMFとしても通用すると信じている者が多いように思えてならない。

 酷評は、その期待の裏返し。マンUでも代表でも中盤でインパクトを示すことができなければ、例えば各紙で及第点はもらっていた10月8日のマルタ戦(2-0)でも、裏切られた心境で「もはや不要」とまで厳しく意見してしまうのではないだろうか?

 国内メディアが、昨季マンUでのセンターハーフぶりを褒め讃えてから、まだ半年ほどしか経っていない。続くEURO2016でも、グループステージ最終節スロバキア戦(0-0)では温存策を採ったロイ・ホジソン監督(当時)にルーニー先発を求める意見が多かった。

 試合中には、ファンもスタンドとソーシャルメディアでルーニー投入を要求。今回のスロベニア戦にしても、サポーターから「ルーニー!」コールが起こるまでには、試合開始から2分とかからなかった。

 正監督の候補者でもあるサウスゲートも、采配2戦目でベンチを命じたベテランを見捨てているわけではない。初陣で中盤深部を任せたマルタ戦後には、「時に彼への非難は酷に思える」としてルーニーを擁護している。若手の多いチームで経験豊富な大物に期待する部分はあるだろう。続くスロベニア戦後半の投入は、「周りを落ち着かせる狙いだった」と説明してもいる。

FWからMFへ。迫られる「転向」の決断

 もっとも現状のままでは、いざという時に頼れる「控えの重鎮」が精一杯だ。復活への鍵は、定位置を競う「転向先」の一本化。自ら「どこでもこなせる」と言っていたように高度に万能だったルーニーだが、体力とともに万能レベルも低下している今、レギュラーとしての生存を図るにはポジションを絞らなければならない。

 クラブで控え要員では代表での先発扱いは望めないだけに、マンUでのポジション争い参戦が必要だが、照準を定めるべきは自身も昨季に意識した中盤中央か? 当初は「MFだとは思わない」とルーニーを評していたモウリーニョだが、既にそのMFとしても起用した前歴ができた。

 中盤のキーマンとなるべきポール・ポグバの攻撃力を最大限に生かすべく、基本システムが4-2-3-1から4-3-3に変われば、アンカー役の手前でポグバと組み、攻守のバランスを意識しながら機を見て自分も攻め上がる3センターの一員としての姿には現実味があるように思える。

 ルーニーは、「爆発的」だった若い頃から一貫して「献身的」な選手であり続けている。クラブでも代表でも、チームの必要性に応じて最前線から中盤深部まで、複数の役割を担いながら試合を重ねてきた。その貢献への見返りとして、トップレベルでのラスト数年を懸けた「定位置争い」への挑戦権を与えても罰は当たらないだろう。

 マンUは来夏にアメリカか中国に売却の用意があるとの噂も出始めたが、チャレンジに成功すれば、メディアを含む国民が信じているように、まだ通用する実力を備えているはずなのだ。「どこでもいける万能なワールドクラス」から「どこでも争えない不要なベテラン」としての代表キャリア終焉こそ、サウスゲートではないが「酷」というものだ。

(取材・文:山中忍【ロンドン】)