定位置の再奪取から再びベンチへ。長友、今季は出場機会を得られず

 インテルの日本代表DF長友佑都は、今季の公式戦でいまだ3試合にしか出場できていない。昨季は戦力外の立場からシーズン後半に出場機会を奪取したが、フランク・デ・ブール体制では再び出番を失っている。なぜ、長友は定位置を確保できないのだろうか?(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

———————————-

 11日、インテルは日本代表DF長友佑都について、「神経系の診断をしたところ良い状態にあった。2日間別メニューでの調整を経て、木曜日から練習に復帰する」と発表した。

 言うまでもなく、日本代表離脱の原因となった練習中の脳震盪のことである。「代表を外されなければならないほど重症だったのか」と思われた方もいるかもしれないが、そういうことではない。たとえ軽微なものであっても、脳機能の正常化には数日間の静養を要するという。

 もし脳機能の正常化が完全でない状態で強い衝撃が加わると、重篤な脳損傷に繋がるリスクが高まる。スポーツ医学上ではセカンドインパクト症候群と呼ばれており、死亡率は50%以上に跳ね上がるとされている。

 FIFA(国際サッカー連盟)、IOC(国際オリンピック委員会)、IRB(国際ラグビー評議会、現ワールドラグビー)、IIHF(国際アイスホッケー連盟)など主たる国際スポーツ団体はスポーツ脳震盪対策の会議を行っており、診断並びに回復のための指針も共同声明という形で採択されている。競技復帰までのプロセスは段階を踏んで行われ、軽微なものであっても最低で6日は必要とされている。

 長友はチームに戻ってきてからも別メニューで調整となったが、これもまた脳震盪後の回復プロセスにのっとったものだ。試合中のアクシデントでもたまに続行させて物議をかもすことも度々あるが、今回は慎重な措置が取られたということだ。木曜日からの復帰では16日のカリアリ戦での出場は厳しいかもしれないが、無事コンディションを上げて臨んでほしいものだ。

 さてその長友だが、定位置を再奪取した昨季後半からは一転し、再び出場機会に恵まれない状況に直面したのは周知のとおりだ。リーグ戦での出場は2試合のみとなっており、ELスパルタ・プラハ戦では招集メンバーに名を連らねながらベンチ入り出来なかったこともあった。日本代表から戻った彼は、引き続き厳しいポジション争いの中に身を置くことになる。

SB陣に故障者続出…指揮官は19歳を抜擢

 定位置から滑り落ちた原因は、8月末に負った右ふくらはぎの負傷だった。日本代表でもW杯最終予選のUAE戦、タイ戦を棒に振った原因となったものだが、その間の出遅れはクラブでのポジション争いにも響いた。代わりに出場機会を得た選手たちが、そこそこ安定したプレーを見せたのである。

 シーズン当初は新加入のクリスティアン・アンサルディも故障離脱していたため、右サイドバックにはダニーロ・ダンブロージオ、左サイドバックにはダビデ・サントン。試合の接近する中でフランク・デ・ブール監督はメンバーの交代を極力嫌い、両者を使い続けた。

 失点に絡むシーンも多々あったが、試合を重ねるうちに安定。ダンブロージオは新加入のアントニオ・カンドレーバとの連携も向上させ、サントンは攻め上がりを控えながら攻守両面での堅実なプレーを心がけた。

 実はそのサントンだが、12日付の『トゥットスポルト』のインタビューでこんなことを明かしている。

「ロベルト・マンチーニ監督のもとで、僕は4、5番手の序列にされて他の選手が使われていた。それ自体は正当だと思うけれど、じゃあ何で僕をインテルに誘ったのかということがわからなくてね。そこからマンチーニが辞め、デ・ブールが来たことで変わった。監督は言ってくれたんだ。『100%の状態にしてくれ。そうしたら君をスタメンでプレーさせる』とね。その通りになったよ」

 もっとも中3日で試合が連続すればさすがに疲れてもくるが、その時にデ・ブール監督はプリマベーラに所属していた19歳の若者を抜擢した。ベルギーのU-21代表にも選ばれているセナ・ミアングだ。192cmの長身に加えて豊かなスピードも備え、第4節のユベントス戦でも途中出場からパウロ・ディバラを1対1で止めた彼は信頼を得て、第5節のボローニャ戦、続くELのスパルタ・プラハ戦では先発出場をしている。

「私は練習で頑張るものにチャンスを与える」

 その間、実は長友も実戦復帰をしていたのだが、9月22日に行われたELのハポエル・ベエルシェバ戦ではチームに貢献を出来なかった。前半こそ積極的な攻撃参加を試み、正確なクロスで得点チャンスを演出していたものの、後半ではドリブルを仕掛けてくる相手FWの対処に戸惑ってファウルを繰り返したのち、そのうちの一つが追加点となる直接FKに繋がる始末。長らく実戦から遠ざかっていた不利はあったとはいえ、これがデ・ブール監督へのアピールに響いてしまった可能性もある。

 ただ、デ・ブール監督は決して長友に扉を閉じたわけではなかった。10月2日に行われた7節のローマ戦では、アンサルディに代えて後半17分から出場させた。左サイドでスピードのあるモハメド・サラーやブルーノ・ロペスとの対処に苦しんでいたサントンを右へ回し、左サイドへ。その後はスピードを活かして裏に出ようとする相手を抑え、さらに一度ブルーノ・ペレスをドリブルで抜き去りクロスを通した。そうしてチームに活力を与え、先行を許していたインテルは長友投入後に同点に追いついている。

「私は練習で頑張るものにチャンスを与える」。最近はイタリア語で直接記者会見に応じているデ・ブール監督はそう語っていたが、とりあえずそのルールは長友にも適用されているということだ。戦力外の立場を覆した昨季のように、ここから立場の挽回がなるように期待したい。

 ただ、のんびりと構えてはいられない。インテルはすでに、デ・ブール監督と折り合いが合わなかった新戦力ジャネル・エルキンを夏の段階で放出している状態。そしてピエロ・アウジリオSDは「冬の移籍市場は難しいが、新たなサイドバックを獲得する可能性は排除しない」と発言している。

 イタリアの報道ではマンチェスター・ユナイテッドでポジションを失っているマッテオ・ダルミアンに関心を示しているともっぱらの噂だが、新たなライバルの加入までに評価を高めることができるかにも注目だ。

(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)