リーグアンのニースを率いるルシアン・ファブレ監督は、同チームで好調をキープしている元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが将来バロンドールを受賞できると考えているようだ。13日に仏メディア『ル・10スポーツ』のインタビューで語っている。

 今夏にニースに加入したバロテッリは、今季公式戦初出場となったマルセイユ戦で決めた2得点を皮切りに公式戦5試合で6得点をマーク。同選手はチームをリーグアンの首位に立たせる原動力となっており、本来の調子を戻しつつある。

 バロテッリは以前にバロンドールを獲りたいと自身の夢を告げていたが、ファブレ監督はその実現が可能だと考えているようだ。同監督は、「マリオはチームに上手く溶け込みつつあるね。まだハードワークをしなければならないけれど、彼が加わったことでチームは自信を得た」と同選手の加入がチームに良い影響を与えていることを主張。

 そして、「彼はゴールを決め、楽しみ、そして皆を楽しませている。彼がバロンドールを獲れると言ったのであれば、それは正しい」とこの調子をキープすれば、バロテッリは将来バロンドールを受賞できるだろうと語った。

 バロテッリの夢は、バロンドールだけではなく代表チームへの復帰もそうだ。ファブレ監督はそのことについて、「代表チームには彼のような桁外れの選手が欠けている」とバロテッリの代表復帰を推す発言をしている。

 次節にホームへリヨンを迎えるニース。前節に2枚のイエローカードをもらっていたバロテッリは、フランスプロリーグ協会の規律委員会によって2枚目のイエローカードが取り消されたためにこの試合への出場が可能となっている。