【日本 3-0 イエメン AFC U-19選手権】

 U-19日本代表は現地時間14日、AFC U-19選手権のグループステージ初戦でU-19イエメン代表と対戦した。

 東京五輪世代として注目され、来年のU-20W杯出場権獲得が期待される今大会のU-19日本代表。初戦の先発メンバーにはエースの小川航基や堂安律の他、冨安健洋や中山雄太、神谷優太、三好康児らJリーグで活躍し始めている面々が名を連ねた。

 前半の日本はボールを支配するものの、ミスが多く決定的な形を作ることができない。選手間の距離感も悪く、枠内シュートを1本も放てないまま45分間を終えた。

 しかし後半開始早々、エースが流れを変えた。47分、堂安が仕掛けてファウルを受けると、神谷のフリーキックに小川が頭で合わせて待望の先制点を奪った。

 このゴールで落ち着いた日本は前半に比べてボール回しが安定し、決定的なチャンスを作れるようになる。途中出場の岩崎悠人もキレのある動きを見せ、三好や堂安も周囲と連動して漕ぐ駅に絡む。

 すると79分、堂安が味方との連携でペナルティエリア内左に抜け出してシュートを放つと、これが右ゴールポストに当たって跳ね返る。そこに岩崎が体を投げ出しながら詰め、執念で追加点をもぎ取った。

 さらに88分、小川が強引な突破でペナルティエリア内深くまで侵入して中央へ折り返し、最後はパスを出した一連の動きで詰めていた原輝綺が勝負を決める3点目を叩き込んだ。岩崎と同じく途中出場の高校生が結果を残している。

 前半は低調で細かいミスがあったものの、最後まで主導権を渡さずイエメンを3-0で下した日本は、17日にイランとのグループステージ第2戦に挑む。決勝トーナメント進出をかけた重要な試合かつ、このグループで最も厳しい一戦となりそうだ。

【得点者】
47分 1-0 小川航基(日本)
79分 2-0 岩崎悠人(日本)
88分 3-0 原輝綺(日本)