月曜日にマンチェスター・ユナイテッドと対戦するリバプールのファンが担当レフェリーについて疑問を抱いているようだ。英紙『インディペンデント』など複数紙が伝えている。

 リバプールとマンチェスター・ユナイテッドの伝統の一戦を担当するレフェリーはアンソニー・テイラー氏。テイラー氏はグレイター・マンチェスター州に家があり、ユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードから約6マイル(9.6キロ)の距離に住んでいる。

 この割り当てにリバプールファンから疑問の声が上がっており「どうしてアンソニー・テイラーがこの試合を担当できるのか?」「この試合を担当するのにふさわしい人物ではない」とのSNS上の書き込みが見られるとのこと。

 レフェリー側からも様々な反応がある。イングランドプロ審判協会の前ゼネラルマネージャーであるキース・ハケット氏は「テイラー氏の能力に疑いはない」としながらも、「とても不公平だ」と批判。一方でワールドカップ2大会を裁いた経験を持つグラハム・ポール氏は「テイラー氏が担当することに何の疑問もない」としている。

 レフェリーと在住地、出身地の問題はたびたびも取り上げられる。昨シーズンケビン・フレンド氏がレスターファンということで、優勝争いをしていたトットナムの試合の担当を外されたという例もある。しかし、出身地のライバルチームを担当するレフェリーも存在している。