元コロンビア代表DFのディエゴ・オソリオ氏が、コカインを密輸しようとした疑いで逮捕された。14日付の英紙『デイリー・メール』など複数メディアが伝えている。

 オソリオ氏は、コロンビアのリオネグロにある空港からスペインのマドリッドへ向かう便に搭乗しようとする際に、コカインを不法に所持していることが発見され逮捕されたとのことだ。1.145kgのコカインを、下着の中に隠し持っていたという。コロンビアにおける末端価格4万5000ユーロ(514万円)相当と伝えられている。

 現在46歳のオソリオ氏は、コロンビア代表として1991年から95年までプレーし、17キャップを記録。1991年と93年のコパ・アメリカや92年バルセロナ五輪にも出場した。2002年にもコカインの不法所持によりマイアミで逮捕された前科がある。