【キエーヴォ 1-3 ミラン セリエA 第8節】

 イタリア・セリエA第8節が現地時間16日に行なわれ、ミランはアウェイでキエーヴォと対戦。クツカ、ニアンのゴールと相手オウンゴールにより3-1で勝利を収めている。

 ミランの日本代表FW本田圭佑は、代表での負傷によりこの試合は招集外。前線には新戦力のFWラパドゥーラが初先発に起用され、長期離脱となった主将モントリーボの代役として18歳のMFロカテッリも初めて先発に名を連ねた。

 前半終了間際の45分にはミランに先制点が生まれる。相手陣内でミスパスを逃さずボールを奪うと、クツカがそのままエリア外から強烈な左足ミドルを突き刺した。

 さらにハーフタイムを挟んで後半開始直後の46分には突き放す。中盤で相手ボールを奪って速攻を仕掛け、ボナベントゥーラのパスを受けたニアンがエリア手前から左足一閃。ミランが2-0と大きく勝利を手繰り寄せた。

 76分には元ミランのMFビルサがフリーキックを直接沈めてキエーヴォが1点を返したが、終了間際にはミランが勝利を決定付ける3点目。交代出場のバッカが放ったボールはDFダイネッリに当たって大きくコースを変え、GKソッレンティーノの逆を突いてゴールに転がり込んだ。

 ミランは前節サッスオーロ戦につづいて2連勝。ここ5試合で4勝1分けと順調に勝ち点を重ね、2位ローマと勝ち点で並んでの3位につけている。次節は5ポイント差の首位ユベントスをホームに迎える。

【得点者】
45分 0-1 クツカ(ミラン)
46分 0-2 ニアング(ミラン)
76分 1-2 ビルサ(キエーヴォ)
94分 1-3 ダイネッリ(キエーヴォ、OG)