クロップ色に染まったリバプール

代表ウィークが終わり、各国リーグ戦が今週末から再開する。プレミアリーグ第8節ではマンチェスター・ユナイテッドとリバプールの試合が行われる。イングランドのサッカーの歴史を築いてきた両チームの対決は、ここまでのリーグ戦のデータから”走る”リバプール、”走らない”ユナイテッドという構図が見えてくる。

—————————— 

代表ウィークが終わり、各国リーグ戦が今週末から再開する。プレミアリーグ第8節ではリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの試合が行われる。

 プレミアリーグ伝統の”ナショナルダービー”における注目ポイントは両チームの「走りのデータ」だ。

 英放送局『sky sports』によると、前節を終えて「走行距離」「スプリント回数」「パス本数」はすべてにおいてリーグ内でリバプールが1位を誇り、ユナイテッドはそれぞれ最下位、8位、5位。走行距離、スプリント回数では2位、3位がマンチェスター・シティ、トッテナムの上位陣が占めているように、”走る”ことの重要性が浮き彫りとなっている。

 走行距離ではリバプールが814km、ユナイテッドが735kmと約100kmの差がついている。フィールドプレーヤー10人で換算すると、1試合1人あたり約1.5kmの差が生まれているということになる。ユルゲン・クロップ監督の志向するサッカーが着実に根付いていることの証明だ。また、スプリント回数、パス本数でも600本近くの差が両チームにはついている。

 また、プレミアリーグ公式サイトではパス本数の各選手の順位を発表しており、リバプールのジョーダン・ヘンダーソンが589本でリーグ1位。ユナイテッドの選手はトップ10に名を連ねていない。14位にポール・ポグバがようやく登場する。

 今シーズンのリバプールはアーセナル、トッテナム、レスター、チェルシーとすでに対戦し、3勝1分。特にアーセナル戦、チェルシー戦では前半から押し込みスピード感に溢れる試合を見せた。改装されたアンフィールドに初めてユナイテッドを迎えるリバプールが今回も圧倒的な走力でユナイテッドを押し込むシーンが見られるかもしれない。

 プレミアリーグ過去10試合では圧倒的にユナイテッドが優勢だ。リバプール2勝1分7敗となっており、2年連続でユナイテッドがシーズンダブルを達成している。果たして今シーズン最初のナショナルダービーの行方はどのような結末を迎えるのか。キックオフは日本時間月曜日の28:00(火曜日の早朝4:00)となっている。

リバプールの予想スタメン

 クロップ監督の頭を悩ませるのは数人の選手たちの状態だ。中盤では前節のスウォンジー戦で鼠蹊部を負傷したアダム・ララーナ、代表戦で臀部を負傷したジョルジオニ・ワイナルドゥムの出場が微妙な状況。地元紙『リバプール・エコー』によると、クロップ監督は「最後の決断をするときまで待つ」という姿勢だ。

 また、ブラジル代表に選出され、2万kmの移動を余儀なくされたロベルト・フィルミーノとフィリッペ・コウチーニョに関しては、疲労があるもののスタメンに名を連ねることになりそうだ。

▼リバプール予想スタメン
GK:ロリス・カリウス
DF:ナサニエル・クライン
DF:ジョエル・マティプ
DF:デヤン・ロブレン
DF:ジェームズ・ミルナー
MF:ジョーダン・ヘンダーソン
MF:ジョルジオニ・ヴァイナルダム
MF:アダム・ララーナ
FW:フィリッペ・コウチーニョ
FW:ロベルト・フィルミーノ
FW:サディオ・マネ

マンチェスター・ユナイテッドの予想スタメン

リバプールとは異なり、出場微妙な負傷者は主力にはおらず、フルメンバーで戦うことができるといえるだろう。ルーク・ショー、ヘンリク・ムヒタリアンといった負傷を抱えていた選手もトレーニングに復帰し起用が可能だ。

 リーグ戦2試合でスタメンを外れ、イングランド代表のスロベニア戦でもベンチスタートとなったウェイン・ルーニーは今節もスタメンを外れる予想となっている。中盤の構成では、アンデル・エレーラをアンカーに置き、ポール・ポグバとフアン・マタがインサイドハーフを務めるという形も考えられる。

▼マンチェスター・ユナイテッドの予想スタメン
GK:ダビド・デヘア
DF:アントニオ・バレンシア
DF:エリック・バイリー
DF:クリス・スモーリング
DF:ダレイ・ブリント
MF:アンデル・エレーラ
MF:ポール・ポグバ
MF:フアン・マタ
FW:ジェシー・リンガード
FW:マーカス・ラッシュフォード
FW:ズラタン・イブラヒモビッチ