デンベレとのコンビで香川は出場が濃厚

 現地18日、ドルトムントはアウェイでスポルティング・リスボン戦を戦う。香川真司は出場の可能性が濃厚。今季CL初出場となる見込みだ。BVBは勢いはあるが、若さが仇となることがある。厳しい戦いでは、香川の持つ経験値が活きるはずだ。(取材・文:本田千尋【リスボン】)

——————————

 今季CL初出場なるか。2016年10月18日のチャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節、ボルシア・ドルトムントはアウェイでスポルティング・リスボンと戦う。

 2試合を消化してドルトムントはグループFの首位に立った。2位のレアル・マドリーとは勝ち点4で並んでいるが、得失点差で上回っている。初戦でレアルを相手にアウェイで1-2のスコアに持ち込んだように、スポルティングは簡単な相手ではない。しかし、ここで勝利を収めればグループ後半の戦いが大分ラクになる。是が非でも勝ち点3を持ち帰りたいところだ。

 スポルティング戦では、香川真司が先発する可能性がある。14日のヘルタ・ベルリン戦で60分から途中出場した香川は、ともに出場したデンベレと並んでインサイドハーフに入ると、前半は停滞していた攻撃を一変させた。

 10番タイプとウインガーが中央でコンビを組んだことで、攻撃にリズムと奥行きがもたらされ、敗色濃厚だったドルトムントは1-1のドローに持ち込むことに成功。PKの場面もあったことを考えれば、勝ち越していてもおかしくなかった程だ。

 ヘルタ戦でトップ下のポジションで先発したゲッツェは、ヘルタのタイトかつハードな守備の中でパフォーマンスを発揮できず、60分に退いている。もちろんスポルティング戦で香川とゲッツェの両選手が先発する可能性もある。

 しかし起用法を振り返ると、トゥヘルはインサイドハーフに10番タイプを並べることを好んでいないようだ。ヘルタ戦の出来を振りかえれば、スポルティング戦のインサイドハーフは[香川+デンベレ]でスタートするのではないだろうか。少なくとも香川は、今季のCLで初めての先発となるだろう。

“若い選手サポートを”。香川の自覚

 また、ヘルタ戦でシュメルツァーが負傷離脱した。スポルティング戦では主将が不在の状況で臨むことになる。この点について『ビルト』電子版は「先頭に立ってチームを導く経験のある選手がいない」と指摘する。

 ハンス・ヨハヒム・ヴァツケ社長は「勝ち点をつかむために、誰もが責任を自覚する必要がある。我々はこの人員状況下でベストを尽くし、この2週間を乗り越えなければならない」と語った。

 この“経験の不在”については、ヘルタ戦の後で香川も感じたようだ。

「(今のドルトムントには)特に若くてスピードがあって、技術の高い選手が多い。ただ、まだ若い選手であるので、そういうところの経験だったり、ある意味で僕たちがしっかりサポートしていく必要があります」

 ヘルタ戦では、同点に追いついた4分後に19歳のモルがラングカンプを突き飛ばし、レッドカードで退場となった。

 遠征には離脱していたピシュチェクとソクラティスも帯同したが、戦列に復帰したばかりで万全とは言い難い。スポルティング戦のピッチに立つ20代後半の選手は、オーバメヤン、ローデ、香川の3名のみという状況も考えられる。

 スポルティングから「勝ち点をつかむために」、香川ら「僕たち」経験のある選手が果たす役割は、決して小さくはないはずだ。

(取材・文:本田千尋【リスボン】)