自伝に書いた内容が問題視されているインテルの主将FWマウロ・イカルディに対し、クラブは罰金のみを科してキャプテンマークを剥奪しない決断をした。17日にクラブの公式サイトが伝えている。

 イカルディは自伝の中でサポーターへのリスペクトを欠くようなことを綴り、ウルトラスとの関係が悪化。「キャプテンマークを外せ」と非難され、クラブの幹部からも苦言が呈されていた。

 これにより、クラブはイカルディと1時間以上の話し合いを行い、クラブ内の規定に違反したとして同選手に罰金を科すことを決断。しかし、イカルディからキャプテンマークは剥奪しなかった。

 これを受けてイカルディは、「全ては自伝の1ページから始まった」とクラブの公式サイトで告げると、不適切な表現があり、それが人々の心を傷つけたと謝罪。そしてもうこのページは存在せず、誰にも侮辱や裏切りや脅迫を感じさせないよう精一杯仕事に励むことを誓い、今後チームの主将としてさらに慎重に行動することを告げている。

 伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、今後もイカルディの自伝は回収されることなく、問題とされているページを取り除いて再版されることになるとのことだ。

 若きエースであり、主将という立場からも常に注目されているイカルディ。果たしてこれから悪化したウルトラスとの関係を修復させるような活躍をし、汚名を返上することができるだろうか。