レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、フランスのフランソワ・オランド大統領が同国の代表チームに向けて批判を述べていることについて不快感を表している。17日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 これは、先日フランスで出版された『大統領はそれを言うべきではない』という自身について書かれた本の中で、オランド大統領がフランス代表について「代表チームと国家への忠誠心がない」「学のない子供が、リッチなスターとなる」「練習を減らして、脳の強化をする講義を行うべきだ」などと述べ、レアル・マドリーのカリム・ベンゼマについても「彼はモラル的に手本にならない」と述べ、話題になっていた。

 ジダン監督はこれに対し「サッカー選手について語られている全てのことが不快だ。選手の仕事に批判することはできるが、おかしなことは言うべきでない。選手たちが不快に思うのも当然のことだ。大統領が何を語ったのか正確に知る必要がある」と述べる。

 そして、ベンゼマに対しての発言には「彼が再び代表に召集されるかもという時にそういうことを耳にするのは問題である。それぞれが意見を述べることは出来る。だが、共有できない発言はある。それだけだ」とコメントした。

 最後に、オランド代表と話したいかという問いに対し「我々は二人とも多くの仕事があるから難しいだろうね」と切り返している。この一件が話題となって以来、当のオランド大統領からの発言はまだないが、フランスの英雄ジダン監督のこうした発言が世論をうごかすことになるのだろうか。