マンチェスター・ユナイテッドに所属する35歳の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、またもイブラ節を炸裂した。12日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

 イブラヒモビッチは最初に「俺は頭の中でプレミアリーグのトロフィーのことだけを追いかけている。それが俺の目標だ。個人のことは目標の一部でしかなく、全ての選手にとってボーナスのようなものだ。集団で上手くいっているなら、個人でも上手くいく」と語り、個人タイトルよりもリーグ優勝のことだけを目標に戦っていることを明かした。

 さらに「すでに3ヶ月で成し遂げたから、個人的な目標はない。俺はイングランドを征服した」とコメントしている。昨年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からユナイテッドに移籍し、現在までに公式戦28試合出場で18得点6アシストを記録していた。フランス・リーグアンだけでなく、プレミアリーグでも大きな活躍を見せている。