元イングランド代表監督で72歳のグラハム・テイラー氏が亡くなったと同氏の家族が公表した。12日に英メディア『ユーロスポーツ』が報じている。

 テイラー氏は1977年から1987年までの10シーズンの間ワトフォードを率いて戦い、1984年にはFAカップで準優勝に導いていた。UEFAカップ(現:ヨーロッパリーグ)にも出場している。

 その後、1990年から3年間はイングランド代表監督としてチームを率いたがW杯予選で敗退していた。このほかにもアストン・ヴィラやウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ、リンカーン・シティなどを率いた経験がある。